■この契約者貸付トークで法人新規開拓できる

ここでは、■この契約者貸付トークで法人新規開拓できる に関する情報を紹介しています。
■この契約者貸付トークで法人新規開拓できる

レタス数個で2678円!!

あなたはもしこんな商品があったら、すぐに購入するだろうか?

特別おいしく、新鮮で、体に最高にいいとしてもこの高い値段では
すぐに買うとは思えないのは私だけではないはずだ。

一方、実際にこの値段でレタスを売ってしまっている会社がある。

レタスをそのまま高い値段で売るのではなく、家で葉物野菜を
水耕栽培できるセットを宅配しているのだ。

水耕栽培ができる用具と種や肥料などのセットが申し込んだ最初の
月に送られてくる。

種を蒔いて収穫まで1ヶ月以内にできて、2ヶ月目以降は様々な種類の
種やそれにあった肥料のみが送られてきて、栽培を楽しめる。

月々料金が2678円。

栽培キットや宅配料などが含まれているので、妥当な値段とも
考えられるが・・・

(このセットを販売している会社のHPで見た限りでは)
最終的に顧客が口にすることができる野菜は数個分だと思われる。

少し乱暴な言い方だが、結局野菜数個で2678円なわけだ。

この企画はテレビのニュースでも取り上げられたから
間違いなくヒットするに違いない。

多くの人が喜んで2678円の野菜を口にすることが予測できる。

2678円の野菜をそのまま売り込めば、売ることはかなり難しいが
プロセスを工夫することでこれを変えることが可能になる。

これは法人新規開拓でも同じ。

今回紹介するCDでインタビューした竹下氏が最終的に販売する
保険プランは特別ものではないことがほとんどだ。

みんなと同じで変わらない。

違うのは野菜の例と同じでプロセスなのだ。

例えば「契約者貸付」。

こんな制度は当たり前すぎて今さら法人新規開拓の武器にならない
と考える保険営業パーソンは多いのではないか。

一方竹下氏は違う。

ストレートに「契約者貸付は○○です」と説明するだけではない。

第三者を登場させて、落語のように1人2役を演じる
パフォーマンスを面談相手の社長でする。

するとこれが大きなきっかけとなり、話が前に進んでしまうのだ。

最終的には契約者貸付について社長が理解するという結果は
同じなのだが、プロセスの違いによってその後の展開がまるで
変わり、法人契約に効率的に近づくのだ。

あなたも売れる人のプロセスを真似してみないか。
もっと詳しく学びたいならこちらを読むことからスタート↓
CDゼミナール(2時間1分)
奇跡の法人初回訪問ノウハウ
180秒で聴く気がない社長を契約者に変える話法はこれだ





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック