■1回の面談で法人証券をすべて引き出すノウハウ

ここでは、■1回の面談で法人証券をすべて引き出すノウハウ に関する情報を紹介しています。
■1回の面談で法人証券をすべて引き出すノウハウ

東京にもう何年も住む男性が皇居や
日本橋を観光するツアーに今さらながら
参加したという。

東京に住み、東京で働く人が何度も
見慣れたはずのものを見に行くツアーが
大人気で今予約が取れないのだ。

東京以外に住む人や外国人観光客が
参加するならまだ理解できるのだが・・・

現実は全く違う。

実は普通のツアーではない。特別な
メガネを掛けて旅するARツアーなのだ。

ARとはAugmented Realityの略で
日本語では拡張現実と言われる。

拡張現実とは「人が知覚する現実
環境をコンピュータにより拡張する技術」
とウィキペディアに記載されていた。

メガネを掛けて見慣れた日本橋を
見ると、江戸時代にタイム
トリップした感覚になる。

昔の木でできた日本橋が現れ、
その上をちょんまげ姿の人が忙しく
行き交う様子をそのメガネに映る
画像から見ることができるのだ。

私も東京で学びそして長く東京に
住み働いた人間で皇居や
日本橋は数え切れない程目に
しているが、このツアーに参加
したいと思ってしまった。

工夫の仕方次第、表現の仕方
次第では見慣れたものが強力な
観光資源になる!

この話は法人新規開拓に通じる。

「保険の見直しをしましょう」
「既契約保険証券を確認させて
ください」

今時、こう投げかけて、快い返事を
すぐにしてくれる社長はいない
はずだ。

まして新規開拓の営業現場で
会う関係の薄い社長ならなおさらだ。

ではこれらの手法がもう有効ではないのか?

違う、いや今でも十分使えることが、
今回紹介するCDの竹下氏の
インタビューを聴けば、あなたは気づくはずだ。

竹下氏は初回面談を工夫することで
見事にこれらの営業パーソンが喉から
手が出るほど欲しい情報を見事に
手にしてしまう。

保険の見直し、証券の確認を見事に
別表現して、欲しい結果を
得続けていると言っていいだろう。

工夫次第では多くの保険営業パーソン
が今さら?とか古い?と考えている
「証券診断」や「見直し」が強力な
営業の武器になるのだ。

東京に住んでいる人は東京の名所を
回るツアーは参加しないという常識は
ARによってひっくり返された。

同じように初対面の社長は○○だと
いう思い込みを竹下氏の
スキルを使えば吹っ飛ばすことができる。

もっと詳しく学びたいならこちらを
読むことからスタート↓
CDゼミナール(2時間1分)
180秒で聴く気がない社長を
契約者に変える話法はこれだ





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック