■痴呆症問題は保険契約に変換できる

ここでは、■痴呆症問題は保険契約に変換できる に関する情報を紹介しています。
■痴呆症問題は保険契約に変換できる

先日ジェネリック薬品に関してのニュース
報道をテレビで目にした。

知っている方も多いと思うが、ジェネリック
薬品とは後発医薬品とも呼ばれ、新薬の
特許が切れたあとに販売される、新薬と
同じ効き目で薬価の低い薬だ。

最近ではテレビでジェネリック薬品メーカー
のCMは頻繁に流れるし風邪などで
病院に行って薬をもらうとジェネリック
薬品である場合が少なくない。

政府は国の医療費削減のために
ジェネリック薬品の割合をできるだけ早く
80%以上にしたいとすることがニュースで
伝えられていた。

ネットで検索してみると

10年前のジェネリック薬品の市場
シェアはわずか16.8%だ。

現在でも50%前後だそうだ。

あくまで仮定の話だが、10年前に
この業界に参入したなら
黙っていても売上は4倍以上になる計算だ。

もちろんこれはあくまで数字上の話ではあるが・・・

がんばって努力して売上を伸ばすことも素晴らしいが
それ以上にこれから「伸びる市場」で勝負することが
売上アップのためには有効であることを痛感するのは
私だけではないはず。

これは保険営業でも同じ。

「伸びる市場」をあなたの得意分野にすることが
今度も継続的に成果を出すためには不可欠な
戦術ではないか。

老人そして痴呆症。

間違いなくこれらの数は今度増え続ける。

この市場に参入して最終的に契約に辿りつく
道筋を既に確立しているのが、今回紹介する
CDでインタビューした大田氏だ。

大田氏のノウハウは社会問題を解決に
導きながら、最後の最後に稼げる手法
だと私は考えている。

新しい「信託」というスパイスをうまく
活用して顧客の満足度を上げながら
契約に導いてしまうテクニックだ。

あなたも「伸びる市場」を自分の
フィールドに変えてみないか?

まずはこちらを読んで欲しい↓
CDゼミナール
不動産・分割・信託を語れば
相続対策保険は簡単に売れる!






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック