■特別な話をするな!特別な伝え方をせよ

ここでは、■特別な話をするな!特別な伝え方をせよ に関する情報を紹介しています。
■特別な話をするな!特別な伝え方をせよ

最近、車に搭載されているケースが増えている
ドライブレコーダーのラジオ通販CMでこんな
フレーズが耳に残った。

「ドライブレコーダーを導入した△△社に
対して行った○○の調査によると、導入後
に事故が・・・なんと!50%以上も減少
した会社もありました!!」

私はドライブレコーダーは事故抑止に
随分効果があるのだなと思ってしまった。

しかしよく考えてみると、導入したすべての
会社に効果があったわけではない。

大きな効果が出た会社があったと
言っているだけだ。

意地悪な言い方だが、それは100社に
1社もしくは非常に
少ない割合だったかもしれない。

「導入した会社は平均で5%事故が減った」

「1000社導入したうちの175社で
効果があった」

もしもこんな事実を単純に伝えるだけでは
聴いている人にインパクトを与えることは
できないのではないか。

同じ事実であっても「伝え方」次第で
相手に与える影響は変わるのだ。

これは法人保険営業でも同じ。

トップセールスパーソンは特別な話、
特殊なトークを使っていると考えて
いる人は少なくない。

しかし話の内容は、今あなたが
お客様に伝えているものと
大差がないと言っていい。

違いは・・・

伝え方なのだ!!

ではどんな伝え方をすればいいのか?

それを語ってくれたのが今回紹介
するCDでインタビューした竹下氏だ。

竹下氏の伝え方の技術は秀逸と
しかいいようがない。

CDを聴けばきっとあなたはこう気づくはずだ。

「今までのやり方、今までの話でいいんだ・・・」

変えるのは「伝え方」だけだ。

これを変えれば、社長はあなたの話に
身を乗り出すはず。

さあ勇気を持ってほんの少し変化を
起こしてみないか。

もっと詳しく学びたいならこちらを読むことからスタート↓
CDゼミナール(2時間1分)
奇跡の法人初回訪問ノウハウ
180秒で聴く気がない社長を契約者に変える話法はこれだ







コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック