■提案ではなく表現で差別化だ!!

ここでは、■提案ではなく表現で差別化だ!! に関する情報を紹介しています。
■提案ではなく表現で差別化だ!!

ある通販会社がCMで
こんな表現を使っていました。


「7秒に1個売れています」


「○○○万個売れています」と
するのも決して悪くありまえんが

「7秒に・・・」の方が聞いている側は
イメージしやすいでしょう。

たくさん売れている事を
より実感できるはずです。


少し前になるが電車のセブン銀行の
広告でこんな表現がありました。

セブン銀行の1日の利用件数は
150万件以上。

150万人といえば、どこの人口か?

1.山口県
2.神戸市
3.京都市




正解は1、2、3すべて。
3都市の人口はすべて約150万人


私はセブン銀行は随分たくさんの人に
利用されているなあと素直に感じました。

「150万件」と単に大きな数字を
訴えるだけではなくて

みんなが知っている大きな都市の
人口と同じことをアピールすることで

広告を見た人はピンと来たはずです。



お客様がピンと来る表現を使うことは
保険営業でも重要。

全く同じ事実を伝えるのでも
言葉のチョイスや言い方の工夫によって

お客様の感じ方はまるで違うことに
今回紹介するCDを聴けば気づきます。


例えば消費税がアップするという
事実をそのままお客様に伝えれば

「大変ですね」だけで終わってしまうでしょう。


しかしこの事実を

「給料が減らなくても可処分所得が年間
●●万減ってしまう悲劇が起こります」

と表現すればお客様の反応は変わり
保険の話題に繋げやすくなります。


トップセールスパーソンの普通とは
一味違う表現方法を知りたいなら↓

世間話で数千万円稼ぐ究極のトークテクニック



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック