■社長にこの質問をすれば飛込みでも売れる

ここでは、■社長にこの質問をすれば飛込みでも売れる に関する情報を紹介しています。
■社長にこの質問をすれば飛込みでも売れる

普通の店員の平日なら3倍
休日なら5倍の洋服を売る
カリスマギャル店員がいます。

彼女のお客様へのアプローチが
参考になったので紹介します。

お客様が店に入ってくると
タイミングを見て

彼女はこう声を掛けました。

「そのスカートかわいいねえ!」

売り物ではなく、お客様が今はいている
スカートについて素直な感想を述べました。

するとお客様は

「実はこれ自分でリメイクしたんです」

と言って、その後スカートについて
熱心に語りだしました。

なぜリメイクしたのか?
どこで買ったスカートなのか?
リメイクで苦労した部分はどこだったのか?

などなど。

この会話がきっかけになって
決して安くない商品が簡単に
売れてしまったのです。

自分が売りたい商品のよさやお得さを
説明する店員とは大きな違いがあります。


お客様を褒めればいい!


この会話を読んで思った方は
注意が必要です。

実はこれではうまくいきません。

単に褒めるのではなく

お客様が「こだわり」を持っている
部分に触れることで

お客様との距離をぐっと縮めることが
できます。

今回紹介した例でもお客様が
わざわざ買った服をリメイクしたという
「こだわり」に触れたからこそ

会話が弾み、最終的に販売に
繋がったのです。



これは法人保険営業のアプローチに
通じます。



今回紹介するCDでインタビューした
鈴木氏は

「社長のこだわり」に関しての質問が
法人新規開拓の強力な武器の1つです。

この質問術をマスターすれば
法人への飛込みも難しくなくなります。

「業績がいいですね。」
「スタッフが増えていてすごいですね。」

こんなを投げ掛けではうまくはいきません。

いい部分を褒めるのではなく
「社長のこだわり」を質問するのです。

どんな質問をすればいいのか?
それをどう契約に繋げればいいのか?

答えはCDのインタビューで明らかに
なります。


セミナーや勉強会で習えることは
大抵、社長があなたの目の前に
座ってることが前提のトークです。

間違いではありませんが

それ以上に

社長を目の前に座らせるトークが
重要だとは思いませんか?

座らせる大きなきっかけになるのが
「こだわり」に関しての質問です。

詳しくは↓
このアプローチで社長はあなたの話に
夢中になる!





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック