■この雑談すると法人既契約が明らかになる

ここでは、■この雑談すると法人既契約が明らかになる に関する情報を紹介しています。
■この雑談すると法人既契約が明らかになる

アマゾンの本ランキングを見ていると
上位にこんな本がありました。

「百歳まで歩く―正しく歩けば寿命は延びる!」
田中 尚喜 著

内容は全く読んでいませんから
正しくはないかもしれませんが

おそらく歩くことは大切だという
ことを語っていると予想できます。

もしも「歩くことは大切」というタイトル
だったら

私の目に留まることはなかったでしょう。

「百歳まで歩く~」だからいいのです。

事実をそのまま伝えるのではなく
相手が興味を抱くように

「変換」することは大切です。


先日、本屋で目にした

「会話もメールも 英語は3語で伝わります」
中山 裕木子  著

も同じです。

こちらの本も読んでいませんから
あくまで予想ですが

英語はみんなが考えているより
シンプルな表現でいいということを
言っているのでしょう。

「シンプルな表現を使いましょう」
と事実をそのまま伝えるより

「3語で伝わります」と「変換」した方が
ずっと心に刺さります。



これら2つの話は保険営業に通じます。



セミナーや勉強会に参加して
多くの保険営業パーソンは
保険の売り方を一生懸命学びます。

もちろん正しいことですが

売れる人は

「変換」がうまいのです。


今回紹介するCDでインタビューした
大田氏も

「変換」の達人です。


法人新規開拓で
法人そして社長の既契約を
明らかにすることができれば

契約に近づくことは明らかです。

しかし

「既契約を教えてください!」
「コンサルティングします。」

というようにそのまま伝えるだけでは
撃沈することは間違いありません。

大田氏は

伝えたい事実を

雑談に

「変換」して

短時間で効率的に

既契約を明らかにしてしまいます。


トランプ大統領

マイナンバー

パナマ文書


大田氏が今成果を挙げている
「変換」です。

この3つの雑談をすると
法人、社長の既契約は
明らかになってしまうのです。


トランプの雑談をすれば
既契約が明らかになる!

あなたはこれを知らずに
新規開拓を続けますか?

詳しくは↓
さらばセールストーク
この雑談で法人保険が売れる
100%社長に 断られないアプローチ手法







コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック