■初回面談はホームページが9割

ここでは、■初回面談はホームページが9割 に関する情報を紹介しています。
■初回面談はホームページが9割

「バッターは外角の変化球を
おそらく待っています。」

野球中継で
ある解説者がこう言っていました。

もちろん試合中ですから
解説者がバッターに狙い球を
質問したわけではありません。

ピッチャーが初球に投げた
インコース甘めのストレートを

平然と見逃した打者の様子から
「察知」したのです。

もし対戦をしているピッチャー
あるいはキャッチャーが

この解説者と同じように

バッターの狙い球を「察知」できれば
打ち取れる可能性は格段にアップ
するはずです。


「察知」する


今回紹介するCDでインタビューした
鈴木氏はこの達人です。

1度も訪問する前に

経営者が今問題としていること
悩んでいることを「察知」してしまします。


手段は
ホームページです。


掲載されている情報を読むだけ
では不十分です。


あるやり方で読み込むと


経営者が抱える問題、悩みを
「察知」できるようになります。


「察知」したら
後は簡単です。

その話題を切り口に
初回面談をすればいいのです。

社長が抱えている問題や悩みに
関しての話なら

話を聴きたくなるのは当然です。

こうすることで
法人初回面談がうまくいくのです。


すべては
ホームページの読み方からです。


あなたはまだ保険で法人に
アプローチしますか?

それとも問題や悩みを「察知」
して、それを切り口にしますか?


詳しくは↓
このアプローチで
社長はあなたの話に夢中になる!
すぐに使える中小法人新規開拓ノウハウ








コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック