■180秒で社長を聴く気にさせるノウハウ

ここでは、■180秒で社長を聴く気にさせるノウハウ に関する情報を紹介しています。
■180秒で社長を聴く気にさせるノウハウ

幼稚園の年長から小学校の低学年に
サッカーを指導するコーチとお話しする
機会がありました。

練習の一番の目的は

サッカーが上手になることではなく

サッカーを好きになり
やる気にさせることだと語っていました。

まずやる気。

技術的なことは後でも構わないと
いうのです。


これは勉強でも同じではないでしょうか。

いい参考書、評判のよい塾を
教えても

そもそも勉強をする本人にやる気が
なければ、成績は上がりません。

まずやる気、やる気ファーストのはずです。



これら2つの話は保険営業に通じます。



今回紹介するCDでインタビューした
竹下氏は

法人新規開拓で

優先させることは

情報や知識、提案ではありません。

サッカーや勉強の話と似ていて
まず「聴く気」なのです。

社長の「聴く気」を優先させるのです。


社長が「聴く気」がないのに
いい情報やと特別な提案をしても
意味がありません。

「聴く気」になって初めて有効になる
はずです。


あなたは


社長に保険を売るノウハウではなく

社長を「聴く気」にさせるノウハウを

学んだことがありますか?


実は

難しい技術を要りません。

営業の冒頭3分、180秒を
変えればいいのです。

社長が180秒で「聴く気」になれば
後は今まで通りのことをすればいいだけです。

聴く気にさせる3分の技術を
知らずに法人新規開拓を続けますか?


詳しくは↓
奇跡の法人初回訪問ノウハウ
180秒で聴く気がない社長を
契約者に変える話法はこれだ







コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック