■戦わずして勝つドクターマーケット開拓術

ここでは、■戦わずして勝つドクターマーケット開拓術 に関する情報を紹介しています。
■戦わずして勝つドクターマーケット開拓術

プロ野球で2000本以上の
ヒットを打った解説者の

宮本慎也さんが

ヤクルトに入団して際
同じショートのポディションには

チームの中心打者でホームランを
がんがん打つ池山隆寛さんが
レギュラーで活躍していました。

まともに戦っては勝てないと感じ

池山さんとは全く違う
バントやランナーを進める打撃など
小技で勝負するしかないと考えた
そうです。

この考えが後の活躍や記録に
繋がるわけです。

同じフィールドでガチンコ勝負する
だけがすべてではありません。

戦うフィールドを変える戦術で
突破口を見出せることは
少なくないわけです。



少し前、すぐ売り切れてしまう
評判のパン屋がテレビで紹介
されていました。

この店は

売っているパンに大きな特徴が
あります。

実は

1種類のパンしか売っていません。

食パンのみのパン屋なのです。

アンパンもメロンパンも
コロッケパンも・・・

品揃えが豊富な普通のパン屋と
同じフィールドで競争するのではなく

食パンだけという

戦うフィールドを変えたことが
成功の要因の1つだと考えられます。



これら2つの話は保険営業に通じます。



今回紹介するCDでインタビューした
鈴木氏は

ドクターマーケットの新規開拓に
成功し続けています。

といっても
保険のガチンコ勝負をしません。

既契約よりいい提案をして
選んでもらうという方法を取りません。

「別のフィールド」で戦い
圧倒的に勝ち

それから保険のフィールドに
戻す戦略なのです。

保険で戦いませんから
ドクターの既契約や

今ドクターが付き合っている
保険営業パーソンは

関係なくなります。

こうなると訪問できるドクターの
訪問先は増えることになります。

保険でガチンコ勝負するから
可能性が狭まり
訪問先が限定されるのです。

「別のフィールド」で戦い
圧倒しながら

最後に保険契約にたどり着く
戦術をご存知ですか?

詳しくは↓
年2億円稼げた!
ドクターマーケット新規開拓術









コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック