■トップセールスは保険を語らず保険を売る

ここでは、■トップセールスは保険を語らず保険を売る に関する情報を紹介しています。
■手取りを語れば法人保険が売れる

レストランガイドで有名なミシュランはタイヤの
メーカーです。

おいしいレストランを紹介することで読者が
遠くの店までドライブをします。

そうすればタイヤが消費され最終的に
ミシュランの売上がアップします。

これがミュシュランガイドをスタートさせた
狙いだといいます。

「タイヤをどんどん使いましょう」
「車で遠くへ出かけませんか?」

と直接宣伝することも決して悪くはありませんが
「回り道」とも見える戦略が大きな成果を生む
ことが多いと私は考えています。

江戸時代に川の土手に桜の木を植えたのは
みんなが桜を見にきて土手を歩き、土手を
固くして水害などを防ぐことが狙いだと
聞いたことがあります。

とにかく土手をみんなで歩きましょう!では
うまくいかなかったはずです。

回り道の戦略・・・これは保険営業でも有効です。

今回紹介するCDでインタビューした大田氏は
回り道戦略の達人と言っていいはずです。

富裕層に対して保険の話題でアプローチする
ことはありません。

大田氏が得意とする方法の1つは
「手取り」の話からスタートするノウハウです。

保険の話をどうしても聴きたいという富裕層を
探すことは難しいですが

手取りを増やす方法ならどうでしょうか?

身を乗り出して耳を傾ける富裕層が多いと
予測できます。

もちろん大切なのは

手取りの話題から保険契約に繋げる
営業の流れです。

この流れを大田氏は既にパターン化する
ことに成功しています。

そのノウハウがあなたのスキルになれば
手取りの話題から個人契約だけではなく
法人契約まで至ってしまうでしょう。

まずはこちらを読んでください↓
今から1か月以内に富裕層と
保険契約できるノウハウ 






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック