■自社株の名義を変えてはいけません!

ここでは、■自社株の名義を変えてはいけません! に関する情報を紹介しています。
■自社株の名義を変えてはいけません!

グルメと評判の年配経営者と
お酒を飲む機会がありました。

彼はずっと贔屓にしていた
老舗そば店の味が変わったと
とても憤慨していました。

原因は最近店主が交代したこと
だといいます。

数十年味を守ってきた先代が
引退して息子が店を引き継いだのです。

先先代から続けてきた味が変わって
しまったそうです。

経営には変化はつきもの
経営者は変わり続けないと
いけないとよく言われますが

今回のそば店の味のように
「変わらない」ことも
非常に重要な場合もあります。

「変わらない」ことも
1つの戦略なのではないでしょうか。

この話は法人新規開拓にも
通じます。

多くの保険営業パーソンは
経営者になんらかの変化を
提案していると私は考えています。

決して間違いではありませんが

今回紹介するCDでインタビューした
亀甲氏が詳しく解説しているノウハウは

「変わらない」戦略の提案です。

社団法人を活用して自社株の名義を
今後、全く変えないで事業を継承していく
方法を経営者に投げ掛けます。

現社長から息子そして
その子供というように

株を引き継ごうとするから
そもそも問題が発生します。

分割の割合、買い取り資金
安定株主の確保などなど・・・・

社長の頭を悩ます問題が次々訪れます。

これらの問題を解決するのではなく
そもそも起こらないようにするのが
亀甲氏が語るやり方です。

まさに「変わらない」提案。

保険営業パーソンだけではなく
多くの専門家は変化を提案する
中で

「変わらない」の提案は
大きな差別化になるとは思いませんか?

あなたはこれを社長に語ったことが
ありますか?

詳しくはこちら



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック