■この質問をすればドクターに売れます

ここでは、■この質問をすればドクターに売れます に関する情報を紹介しています。
■この質問をすればドクターに売れます

ホームページで自社の商品を販売することに
苦戦している企業を

コンサルティングしたことがあります。

がんばって売ることばかりに
注力していましたが

コンセプト、切り口を変えることを
アドバイスしました。

売ること以上に

ホームページを読んでもらうこと、
何度もホームページにアクセスして
もらうことに

力を入れるべきだと私は判断したのです。

更新回数を増やし
お客様が知りたい情報をこまめに
ホームページで発信していったのです。

アクセス数はアップして
暫くすると売上アップに繋がりました。

最初は
買うか、買わないか
だけをお客様に問いかけていたと
言っていいでしょう。

それを
見たいか、見たくないか
を問いかけることで売上に繋げた
わけです。



ある新しいショッピングモールが
一番力を入れたのは

小さな子供が無料で遊べる
場所だと聞いたことがあります。

この場所自体は
直接売上や利益は上がりません。

しかし
何度も無料の施設に来てくれれば

モール内での買い物や食事に
確実に繋がるといいます。

この場合も

買うか、買わないかだけではなく

行きたいか、行きたくないかを
お客様に問いかけることで
売上に繋げた例でしょう。


どんなことを問いかけるか、
質問するかで

お客様の感情や行動は
変わってくきます。



これら2つの話はドクターマーケットの
新規開拓にも通じます。



今回紹介するCDでインタビューした
鈴木氏は

飛込み訪問から

驚く程のドクターを契約者に変えた
実績を持っています。

既契約やライバルの保険営業パーソン
とは違う特別な保険や裏技を

ドクターに提案するわけでは
ありません。

最終的に契約するプランは
みんなと変わりません。


違うのは
「アプローチでの質問」です。

何を最初に問うか?

これがドクターマーケットで
成功するための大きなポイントの
1つです。

普通の保険営業パーソンは

保険に関する話を
聴きたいか、聴きたくないかを
ドクターに問いかけてしまいます。

多くのドクターは聴きたくない
または聴き飽きているので
答えはNOです。

一方で

鈴木氏がする

「アプローチでの質問」は

ほとんどすべてのドクターが

YESなのです。

ドクターがYESと言えば
当然、話は前に進みます。


まだドクターに
保険を問いかけますか?

それとも
多くのドクターがYESという
質問をしますか?

詳しくは↓
年2億円稼げた!
ドクターマーケット新規開拓術







コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック