■こう保険金を語れば新規開拓の武器になる

ここでは、■こう保険金を語れば新規開拓の武器になる に関する情報を紹介しています。
■こう保険金を語れば新規開拓の武器になる

長年会社を支えてきた
既存事業の売上が伸びない

売上が頭打ちになってしまった
会社がありました。

この事実をまともに伝えるだけでは
優秀な新人を採用することは
できないはずです。

経営者は「伝え方」工夫しました。

「新人でも実力次第で
新プロジェクトのリーダーになれます!」

やる気と自信のある人を採用でき
現状を打破するきっかけになったと
言います。

少し極端な言い方ですが

「売上がジリ貧で新しい事業を
やらなければならない会社です」
では入社したい人は多くないはずです。


「伝え方次第」なのです。


社歴が浅いベンチャー企業は
安定志向の大学生に支持されない
傾向が強いそうです。

ある会社は

「社歴が浅い」ではなく

「自分たちで歴史、未来をつくれる」

とアピールして学生を集めました。

これも「伝え方次第」ということ
でしょう。



これら2つの話は保険営業に通じます。



新しく最新の情報や知識がないと
ライバルには勝てないと感じている
保険営業パーソンは少なくないでしょう。

もちろん間違いではありません。

一方、今回紹介するCDで
インタビューした杉山氏は

全く違います。

誰もが知っていて
昔から持っているものを

新規開拓の強力な武器に
変えてしまいます。

「伝え方次第」で。

特に驚いたのは
「保険金の支払い」を語り

お客様をファンにしてしまう
ノウハウです。

普通「保険金の支払い」を
一営業パーソンがコントロール
することはできません。

しかし

「伝え方次第」で

「あなたとぜひ契約したい」と
思わることは可能なのです。

新しく、特別な知識や情報も
無駄ではありませんが

新規契約を引き寄せる強力な武器は
既にあなたの手に中にあります。

それに気づくか、それを知っているか・・・
たったこれだけの事で
大きな大きな差が生まれます。

詳しくは↓
この行動を繰り返すだけで
10年間生保見込み客に困りません!
月払10万円の保険契約に困りません!









コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック