■顧客が喜んで5万円以上払う!単価アップ術

ここでは、■顧客が喜んで5万円以上払う!単価アップ術 に関する情報を紹介しています。
■顧客が喜んで5万円以上払う!単価アップ術

「18点で1944円になります。」

レジの店員のこの声に
商品を買った親子は

「つい買いすぎちゃったね!」

と顔見合わせて笑いました。

100円ショップでレジの順番を
待っていた私はこの場面を目にしました。

この親子は最初から18点もの商品を
買う予定はなかったに違いありません。

しかし店内を見ているうちに
「あれも欲しい、これも欲しい」となり

気がつけばカゴが商品でいっぱいに
なっていたのでしょう。

あなたもこれに似た経験を100円
ショップでしたことがありませんか?

1つ1つの商品は100円
(税込108円)で安いですが

100円ショップは

1人の顧客にたくさん買わせることが
うまいから巨大な産業になったと
予測できます。

買わせるといっても
100円ショップの店員が商品を
勧めたり、売り込むことは普通ありません。

お客様に自ら「選ばせる」ことで

買い物の単価をあげていると言って
いいはずです。



コンビニでもお弁当を買おうと
思って店に入って

思わずデザートも手に取ってしまった
という経験を私は何度もしたことが
あります。

もちろんコンビニの店員は

「お弁当とご一緒にデザートは
いかがですか?」

と売込みません。

顧客に自ら「選ばせる」仕組みが
コンビニにもあるのです。



これら2つの話は保険営業に通じます。



今回紹介するCDでインタビューした
大関氏は高単価契約を難なく
獲得してしまいます。

高い保険料の見積を出して
それがどんなお得で素晴らしいプランかを

お客様に説明、説得することを
しません。

お客様に

自ら

「選ばせる」ノウハウを確立している
のです。

100円ショップとコンビニの
単価アップ術に似ています。

保険営業パーソンが

売り込むのではなく

お客様が選んでいくと・・・

結果として契約単価が上がって
しまう方法です。

カラフルでかっこいい提案書を
出して流暢なトークを駆使しても

こんな結果は得られません。


お客様に「選ばせる」ノウハウが
存在するのです。


あなたはこれを知っていましたか?

決して高度で難解なやり方では
ありません。

知っているか知らないかだけで
最終的に手にするコミッションは
大きく大きく変わるのです。

売り込まれたのではなく
お客様が自ら選べば

満足します。

満足すれば

紹介の可能性も劇的に
アップします。

単価をアップさせながら
紹介も期待できるノウハウ。

これを知らずに
新規開拓を続けますか?

詳しくは↓
月払15,000円のお客様が
喜んで50,000円以上を払う!
究極の単価アップ営業術





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック