■社長に「役員賞与」を提案しなさい

ここでは、■社長に「役員賞与」を提案しなさい に関する情報を紹介しています。
■社長に「役員賞与」を提案しなさい

日本の農業問題が報道番組で
語られてることは多いです。

食料自給率の低下
農家の後継者問題など。

どちらかというと後ろ向きの
話題が多いと言えるでしょう。

一方で先日書店で見た本の
タイトルは衝撃的なもので
私は思わずその書籍を手に
取ってしまいました。

「日本は世界5位の農業大国 
大嘘だらけの食料自給率」

「思わず」手に取ってしまった・・・
ビジネス側(本を出版する側)から
すれば

こんな行動を顧客に起こさせる本の
タイトルの付け方が、本の売上を
上げるポイントになるはずです。

常識的なこと
すなわちこのケースで言えば
農業の危機を示すようなタイトルで
あれば

私の「思わず」は起こらなかった
に違いありません。

常識とはまるで逆のことを語る
ようなタイトルだからこそ
私は行動を起こしてしまったのです。

同じ日にやはり「思わず」手に
取ってしまった本があります。

そのタイトルは

「ギャンブルには
ビジネスの知恵が詰まっている」。

ギャンブルとビジネス。

普通は同じ土俵で考えることはないと
私は認識しています。

この固定概念を崩すタイトル
だからこそ「思わず」なのです。



これら2つの話は法人新規開拓に
通じます。



今まで何度も聞いたことが
ある話をして社長の「思わず」を
起こすことは難しいです。

それにもかかわらず
多くの営業パーソンは
常識的な話題でアプローチします。

今回紹介するCDでインタビューした
染宮氏のノウハウは一線を画します。

インタビューでは非常識、固定概念を
崩す話題で

社長の関心をひき

社長の「思わず」を起こす方法が
満載です。


例えば「役員賞与」を切り口に
法人新規開拓するノウハウ。

今までにはない斬新な切り口と
言っていいでしょう。

多くの社長は関心を示すと
いいます。


また「役員報酬をアップさせる提案」を
突破口にする法人開拓も注目の
方法です。

多くの営業パーソンは報酬を下げて
退職金にまわす提案というのが常識
ですが、全く常識とは逆の提案です。


まだ常識的な提案で厳しい競争に
挑み続けますか?

それとも
非常識な提案で一人勝ちしたい
ですか?

詳しくは↓
この話法なら
簡単に相続対策保険が売れてしまう!







コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック