■これで月払5万円の終身保険が簡単に売れる

ここでは、■これで月払5万円の終身保険が簡単に売れる に関する情報を紹介しています。
■これで月払5万円の終身保険が簡単に売れる

テレビ番組であるスーパーに勤務する

生鮮食品販売のカリスマの女性が

紹介されていました。

ある日新鮮でおいしい「たこ」が
大量に入荷しました。

ここで少し考えてください。

もしあなたが販売者なら
どうやってこの「たこ」を売りますか?


できるだけ値段を安くする

新鮮でおいしいことをアピールする

店頭で試食をさせる


どれも正しいでしょう。

一方

このカリスマが

やったことは

売りたい「タコ」の横に
タコのサラダを置いただけ。

実はこのタコのサラダは
売れても売れなくても
どちらでもいいのです。

「こんなタコの食べ方もあるなあ~」
「今晩、タコのサラダもいいなあ」

と買い物に来たお客様に

「気づかせる」ことが目的です。

この戦術は見事的中し
「タコ」は飛ぶように売れていました。



この話は保険営業に通じます。



なかなか契約単価がアップしない!

または

契約単価がアップするような
お金持ちの顧客(見込み客)を
コンスタントに見つけることができない!

こう考えることはありませんか?

今回紹介するCDでインタビューした
大関氏の話を聴けば

単価がアップしないのは

やり方を知らないだけだと
知ることになるはずです。

ごくごく普通のお客様であっても

場合によっては保険のリストラを
希望している方であっても

やり方次第で単価をアップさせる
ことができるのです。


大関氏のノウハウは

単価が高い提案書を広げて
説得する方法ではありません。

お金持ちだけを見つけて
高単価の契約を
勧めるやり方でもありません。

タコの販売の話と同じで

お客様に「気づかせる」ことで

結果的に単価がアップしてしまうノウハウです。

「あれも欲しい!」
「これも欲しい!」

こんな言葉をお客様から引き出しながら
一緒にプランを構築していくと

契約単価がアップしてしまいます。

高度で難解なノウハウではありません。

知っているか知らないかだけで
最後に手にするコミッションは
大きく変わるやり方なのです。

何をお客様に「気づかせれば」いいのか?
どんなトークを使えばいいのか?
どんな資料を現場で使っているのか?

すべてはCDで学ぶことができます。

詳しくは↓
月払15,000円のお客様が
喜んで50,000円以上を払う!
究極の単価アップ営業術








コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック