■保険を語るな、富裕層には「この話」だ!

ここでは、■保険を語るな、富裕層には「この話」だ! に関する情報を紹介しています。
■保険を語るな、富裕層には「この話」だ!

家を新築した友人がいます。

これから長い間支払うローンが
大変だとは認識していましたが

新居に引っ越す前に

予想していなかった
さらなる出費があったと嘆いていました。

奥様が新しい家のキッチンに
今まで使っていた冷蔵庫は
合わないので

新しい物を買いたいと言い出した
のです。

友人が渋々OKすると

洗濯機も最新のドラム式がいいと
いうことになり

こちらも買い替ることに。

この話を聴いてヤマダ電機が
注文住宅の販売に力を入れている
理由が理解できました。

家を新しくすれば

その中で使う家電は黙っていても
売れてしまう可能性が高いはずです。


「この冷蔵庫はいかがですか?」

「ドラム式の洗濯機は今まで
○○の部分が違います。」

こんな風に

1つ1つの家電を売り込むことも
無駄ではありませんが

家という生活の場、全体を押さえれば
家電がどばっと一度に売れてしまうという
ことでしょう。



この話は保険営業に通じます。



既契約やライバルが出した見積より
有利で得なプランをお客様に提示する
だけで

差別化することは難しくなりつつある
と感じたことはありませんか?


今回紹介するCDでインタビューした
大田氏は

保険だけを提案して契約を
狙いにいく戦術をとりません。

資産全体を最適化することに
注力します。

特にこのやり方で
富裕層をターゲットに成果を
あげています。

家と家電の関係と同じで

資産全体を把握し

コンサルすることができれな

その一部である保険契約を獲る
ことは非常に簡単になります。

もちろん「資産全体をコンサルします!」
と提案するだけでは

ガードの固い富裕層はYESとは
言いません。

資産全体を明らかにさせる

「ある話」が

存在するのです。

「ある話」を知るだけで

富裕層自ら喜んで資産を
オープンにするようになります。

全資産がオープンになっても
保険契約を獲ることは難しい
でしょうか。

詳しくは↓
今から1か月以内に富裕層と
保険契約できるノウハウ








コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック