■売れる人は提案書のタイミングが違う

ここでは、■売れる人は提案書のタイミングが違う に関する情報を紹介しています。
■売れる人は提案書のタイミングが違う

自分は健康だと思っている人に

クオリティーが高い人間ドッグを
受けさせようとしたら

かなり大変です。

なかなかYESと
言わないでしょう。

しかし同じ人でも
会社の定期検診のレントゲンで
胸に影があると診断された後に

同じ人間ドッグを勧めれば
簡単にOKをもらえるに違いありません。

全く同じ商品やサービスであっても

「タイミング」によって

反応は大きく違ってくるものです。


駅前のあるコンビニは

雨がポツポツよ降り出すと

店の入り口の一番目立つ所に
ビニール傘を並べるといいます。

こうすることで傘が飛ぶように
売れるそうです。

快晴の青空の日に
傘を店頭に並べても
到底同じ結果にはなりません。

これも「タイミング」の成功例と言って
いいでしょう。



これら2つの話は保険営業に通じます。



法人新規開拓で
提案書や見積書を出してプレゼンしても

社長の反応が今一つという経験は
ありませんか?


多くの保険営業パーソンは
提案の内容を見直します。

間違いではありませんが

今回紹介するCDでインタビューした
鈴木氏はやり方が違います。

鈴木氏が最終的に契約する提案は
特別なものはありません。

みんなと同じです。

大きく違うのは

「タイミング」なのです。

提案書、設計書を

社長に出す

「タイミング」。

あなたはトップセールスパーソンの
「タイミング」を学んだことがありますか?

法人新規開拓で「タイミング」を
意識したことがありますか?

セミナーや研修で学べるのは
大抵、提案書の内容

すなわちどんな提案をするか?
ばかりでしょう。

これも大切なことですが

もっと大切なのは

「タイミング」です。

売れる「タイミング」

これを知っているか、知らないか・・・

たったこれだけで

あなたが手にするコミッションは
大きく変わると私は確信しています。

詳しくは↓
すぐに使える中小法人新規開拓ノウハウ






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック