■実は「保険金支払い」で差別化できます。

ここでは、■実は「保険金支払い」で差別化できます。 に関する情報を紹介しています。
■実は「保険金支払い」で差別化できます。

「ハ~イ」

先日あるお店に行くと
店員がいませんでした。

「すいません!」と大きな声で言うと

店の奥からこの「ハ~イ」という言葉が
返ってきたのです。

この場合の「ハ~イ」は当然返事です。

しかし「ハ~イ」はいつもいつも返事を
意味するわけではありません。

アメリカに行って「ハ~イ」と言えば
フランクな挨拶となり

相手は同じく「ハ~イ」とか「ハロー」と
返してくるでしょう。

漫画「サザエさん」に出てくる幼児の
いくらちゃんは

「ハ~イ」または「バブー」しか言わない
という記憶しかありません。

いくらちゃんの「ハ~イ」は様々な
意味を持つはずです。


同じ「ハ~イ」であっても
「伝え方次第で」

意味は大きく異なるということです。



この話は保険営業に通じます。



既契約や
ライバルの保険営業パーソンと

差別化するには

簡単でないと感じたことはありませんか?


今回紹介するCDでインタビューした
杉山氏は

保険営業パーソンなら

誰でも知っている
当たり前のことや常識を

「伝え方次第で」

新規開拓の武器に
変えてしまいます。


特に私が素晴らしいと感じたのが
インタビューで語られている


保険金の支払いに関して。


この話を聴いて
杉山氏とぜひ契約したいと
思わない顧客はいない!

と私は感じました。

何を契約するか?

も大事ですが

誰から契約するか?

がそれ以上に重要であることを

杉山氏は

短時間で

お客様に実感させてしまいます。

保険金の支払いが

「伝え方次第で」

新規開拓の武器になります。

これを語るだけで

差別化でき

あなたが勝てるのです。


最新で素人では知り得ない
知識や情報を常に追い求めて

多くの保険営業パーソンはセミナーや
勉強会に出席します。

もちろんこれも間違いではありませんが

実は差別できる武器は

あなたが既に持っています。

知っているか知らないかだけで
最終的に手にするコミッションは
大きな差がでると考えています。

まだ差別化を難しく考えますか?

詳しくは↓
この行動を繰り返すだけで
10年間生保見込み客に困りません!
月払10万円の保険契約に困りません!





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック