■相続保険の達人は「言う」ではなく「言わせる」

ここでは、■相続保険の達人は「言う」ではなく「言わせる」 に関する情報を紹介しています。
■相続保険の達人は「言う」ではなく「言わせる」

テレビ東京で放送されている
”日本の昔ばなし”で

「かっぱとひょうたん」という話を
見ました。

ある男の娘がかっぱと結婚することに
なってしまいます。

当然娘も男もその結婚は嫌なのですが
娘は受け入れ

嫁入り道具に瓢箪を3つ用意して
欲しいと男に頼みます。

そしてそれらを持って
かっぱが住む沼に行くのです。

娘はかっぱに会うと、まず3つの
瓢箪を沼の中に
運んで欲しいと依頼します。

かっぱは瓢箪を首に掛けて
喜んで水の中に飛び込みますが・・・

3つの瓢箪が浮きの役目をして
何度も水の中に潜ろうとしても
浮かんできてしまうのです。

かっぱは瓢箪が化物だと思ってしまい
こんな怖いものを持っている人とは
結婚できないと自ら言い出し

娘は結婚しなくて済んだという
内容です。



実はこの話

相続対策保険を
販売する際に通じると
私は考えています。



相続対策が必要な資産家に
保険を提案しても
なかなか結果がでない・・・

相続対策保険を売るのは
難しい・・・

こう感じることはありませんか?

今回紹介するCDでインタビューした
大田氏は

「ある方法」で

効率的に

しかもコンスタントに

相続対策保険を獲得して
います。

多くの保険営業パーソンは
ざまざまなトークやプレゼンで

相続対策に保険を活用することが
有効であることを

自分の口で

アピールしてしまうはずです。

もちろん間違いではありませんが

大田氏の「ある方法」は
全く違います。

営業パーソンが

言うのではなく

お客様に言わせるのです。

昔話で娘が結婚したくないと
自分でアピールするだけだったら

思い描いた結果を得られなかった
はずです。

瓢箪をうまく使って

かっぱが自ら結婚できないと
言わせたからこそ

娘は結婚せずに男の元に
帰ることができたのでは
ないでしょうか。

相続対策保険を売る現場でも
同じです。

お客様に自らの口で言わせる
ことが重要です。

「ある方法」を知るだけで
これができるようになるのです。

決して高度で難解なノウハウ
ではありません。

知っているか知らないかだけで
差だと私は考えます。

お客様が自分で言い

自分で決めれば

当然満足します。

満足すれば言いたくなります。

つまり紹介にも繋がりやすく
なるのです。

こんな好循環を作れる
「ある方法」を知るたくはないですか?

まずはこちらを読んで欲しい↓
不動産・分割・信託を語れば
相続対策保険は簡単に売れる!







コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック