■これで一生法人見込み客が枯渇しない

ここでは、■これで一生法人見込み客が枯渇しない に関する情報を紹介しています。
■これで一生法人見込み客が枯渇しない

古くなったTシャツ
首の部分が伸びてしまったTシャツ。

捨てるしかないと考えていましたが
先日見かけたテレビ番組では

着られない大人のTシャツを
子供の洋服に作り直すやり方が
解説されていました。

古いTシャツを切って
数か所縫うだけで

かわいい小さな女の子用の
ワンピースになる方法は

見事!すごい!と感じました。

「再利用」や「リメイク」

ある意味時代のキーワードと
言ってもいいのではないでしょうか。

お米のとぎ汁を捨てないで
洗顔や庭の水やりに使っている
知人がいます。

これも「再利用」の一例です。



これら2つの話は法人保険営業に
実は通じます。



名刺を出した途端に
社長に嫌な顔をされて
「結構!」「必要なし!」などと
言われてしまう・・・

提案や詳しい話をする前に
社長からすぐに断られてしまう・・・

こんな経験をしたことが
ありませんか?

こうならないように
紹介をもらったり
見込み度の高い社長を
訪問するように努力する!

これが

今までの常識でしょう。

一方

今回紹介するCDでインタビューした
竹下氏の

発想、やり方は

まるで違います。

いきなりの断りや嫌味
そして罵倒を

「再利用」して

契約を短時間で効率的に
導いてしまうノウハウなのです。


「保険は損するから嫌いだ!帰れ!」

「保険なんて入ってもいいことがなかった
いらないよ!」

こんな言葉を浴びせられたら
普通の保険営業パーソンは

見込みなし

と判断して

その場を後にするに違いありません。

一方

竹下氏は

こんな言葉を受けると

心の中で

「ガッツポーズ」するそうです。

なぜなら

こんな言葉を

「再利用」して

契約に簡単に近づけることが
できるからです。

あなたは

断り、拒絶、罵倒などを

利用して契約を獲得する方法が

あることをご存知でしたか?

この方法さえ知れば

あなたの営業活動は大きく変わる
と確信しています。

今までは

断られない法人を

見つけようとします。

間違いではありませんが
この発想だと訪問先は狭まるでしょう。

一方

CDのインタビューで詳しく解説している
断りや罵声を利用して

契約を獲るノウハウを知っていれば

あなたの訪問先は劇的に広がる
はずです。

無限になると言っても過言では
ありません。

保険が嫌い
保険の話を聴きたくない
保険にマイナスイメージを持つ

社長は

あなたの周りには溢れているから
です。

こんな社長が
優良な見込み客にするノウハウを

知りたくはありませんか?

詳しくは↓
断りや拒絶が契約に変わる
罵倒マーケティングとは?

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック