■東京オリンピックを語れば相続保険が売れる

ここでは、■東京オリンピックを語れば相続保険が売れる に関する情報を紹介しています。
■東京オリンピックを語れば相続保険が売れる

まだ泳げない(泳いだ経験がない)
幼児や子供の多くは

水に顔をつけてすぐに目を開けることは
できません。

しかし子供向けの水泳教室では
「がんばって目を開けましょう」とは
指導しないといいます。

水の中に落ちて沈んでいる
きれいな石を拾うゲームを
やらせるのです。

一定時間内どれだけ拾えるか
競争させます。

こうすることで子供は

「知らず知らずのうちに」

水中で目を開けることを
覚えるそうです。


柔らかいカラーボールを上空に投げて
子供が落ちてくるボールをヘディング
(頭に当てる)する!

実は

これ

低学年の小学生を指導する友人が
実際にやっている野球の練習です。

子供は楽しく、喜びながら
これを繰り返すといいます。

この遊びをすることで

「知らず知らずのうちに」

ボールの落下点に正確に行ける
ようになり

フライが捕れるようになるそうです。



これら2つの話は保険営業に通じます。



相続対策保険が思ったように
売れない・・・

見込み客に相続の話題を出すと
拒否されてしまうことが多い・・・

こう感じたことはありませんか?

今回紹介するCDでインタビューした
大田氏は

相続の話、保険の話を全く匂わせず

「知らず知らずのうちに」

相続対策保険を売ってしまう達人です。

インタビューの中で
「これはすぐに使える!」と感じたのは

東京オリンピックの話法です。

テレビや新聞などで

この話題を目にしない日はないと
言っていいでしょう。

関心がますます高まるオリンピックは

相続対策保険の契約を

「知らず知らずのうちに」導く

武器になるのです。


”語り方次第で”。


「相続の対策はお済ですか?」
こんなストレートなアプローチも
悪くありませんが

東京オリンピックを語り
自然な形で契約を導くノウハウを

あなたは知りたくはないですか?

詳しくは↓
東京オリンピックを語り
相続対策保険を売る方法

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック