■80歳代、病歴ありの社長を訪問せよ

ここでは、■80歳代、病歴ありの社長を訪問せよ に関する情報を紹介しています。
■80歳代、病歴ありの社長を訪問せよ

訪日外国人旅行者数が近年増え
今後も大幅な増加が予想されます。

知人の経営者の中には
ホテル、民泊事業に新規参入して

この「成長する市場」で勝負する
人が少なくありません。

いい商品やサービスも
ビジネスで勝つためには重要ですが

「成長する市場」を選ぶことも大切と
言えるでしょう。


AKB48グループは
日本だけではなく

2011年にインドネシアで
2012年に中国で

姉妹グループがデビューしました。

インドネシア、中国という
「成長する市場」で勝負する
一例と言っていいのではないでしょうか。



これら2つの話は法人保険営業に
通じます。



法人見込み客を確保することが
難しい・・・

今後、法人の訪問先があるか
不安・・・

こう感じることはありませんか?

今回紹介するCDでインタビューした
亀甲氏は

成長する市場で勝負して
大きな成果に繋げる方法を語っています。

その市場とは・・・

「年配の社長」

高齢化でますます数が増えることは
確実です。

保険業界の常識では

こんな社長には保険資源がない
と判断するのが普通です。

しかし

それはやり方を知らないだけなのです。

この市場を大きな契約に
繋げる方法があるのです。

CDで語られている

「80歳以上の社長から契約を
獲るチャンスあり!」

「病歴ありの社長を被保険者と
して相続対策保険を獲る提案」

は必聴です。

この方法を知るだけで
あなたが訪問できる先は

劇的に増えると考えています。

ライバルの保険営業パーソンは
比較的若い社長の元に殺到します。

当然競争は厳しくなります。

一方、あなたはみんなが訪問しない
社長がターゲットとなるのです。

高齢化社会はチャンスが狭まると
考えますか?

それとも高齢化社会を追い風に
変えますか?

詳しくは↓
ライバルが提案しない
このスペシャルプランで差別化しよう






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック