■この名刺を渡すだけで差別化できます!

ここでは、■この名刺を渡すだけで差別化できます! に関する情報を紹介しています。
■この名刺を渡すだけで差別化できます!

スターバックスのコーヒーが大好きな
友人がいます。

コーヒーの味が他の店よりも
ダントツでいいと語り

仕事が休みの日も含めて
ほぼ毎日、365日お店に通います。

彼は売っているコーヒーが好きで
コーヒー店に毎日行きます。

一方、素人の自宅を訪れ
インタビューする、あるテレビ番組に
出演していた男性は

コーヒーが全く好きでもないのに
毎日、ある喫茶店に通い続けた
と話していました。

その店で出すコーヒーの味は
普通です。

値段が特別安いわけでも
ありません。

しかし彼は連日足を運んだのです。


秘密は・・・

ウエイトレス。


お店で働く女性を好きになって
会うために毎日お店に通ったのです。

その女性が今の奥さんです。


スタバに通う彼はコーヒーという
「商品」で店を選び通いますが

テレビに出演していた男性は

「商品」ではなく

「人」で店を選んだわけです。



この話は保険営業に通じます。



保険料や返戻率など条件で
ライバルに負けてしまうことがある・・・

提案でなかなか差別化できない・・・

こんな悩みを抱えていませんか?


今回紹介するCDでインタビューした
杉山氏は

保険営業を「人」ビジネスにする
達人です。

保険料や返戻率、特約など
条件すなわち「商品」で

常に勝ち続けることが
非常に難しいことを理解しています。

提案や商品の力だけで
差別化しようとしないのです。


保険は誰から買うかが重要!

これを理路整然と語り
お客様に納得してもらいます。

ですから保険料や返戻率などの
条件で負けても勝負に勝てます。

つまり契約に至ります。


CDで語られている

「ある事が印刷された名刺を
渡すだけで差別化する方法」

「保険金の支払いについて語り
お客様をファンにするノウハウ」は

必聴です。

どちらも

設計書を出す前に

お客様から「あなたと契約したい」
と言わせてしまう技術と言って
いいでしょう。

勉強会や研修などで習えることは
提案や商品で勝つ戦術ばかりです。

もちろんこれも必要なことですが

「人」で差別化する営業ノウハウを
学んだことがありますか?

詳しくは↓
この行動を繰り返すだけで
10年間生保見込み客に困りません!
月払10万円の保険契約に困りません!







コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック