■もう営業トークを変えるな!

ここでは、■もう営業トークを変えるな! に関する情報を紹介しています。
■もう営業トークを変えるな!

一般的な会社では、外出中の従業員に
取引相手やお客様から電話があった場合

メモを残すかメールをするか
携帯電話に連絡し

口頭で伝えることが多いでしょう。

「13時10分○○様から電話が
ありました。電話をくださいとのことです。
連絡先は・・・」

いずれにしてもこんな表現になるに
違いありません。

一方、ある業績のいい会社では
このやり方は一切していないそうです。

お客様との電話のやり取りを録音して
外出中の従業員に直接聞かせる
方法を取っています。

結局、お客様から電話が欲しいと
いう事実が伝わることは

メモやメール場合と同じですが・・・

お客様の「電話が欲しい」という
声を聴くことで

お客様の感情や状況を即座に
把握することができます。

いかにも怒っている「電話が欲しい」
なのか

喜びに溢れていてお礼が言いたい
ような「電話が欲しい」なのか

声を聴くことで電話をする前に判断でき
それなりの準備ができるわけです。

文字や言葉だけから得られる
情報は限られています。

それ以外の態度や声のトーン、仕草
表情などから得る情報が思ったより
大きいもの。



この話は保険営業にも通じます。



トップセールスパーソンの

営業トークや言葉は

特別でないケースが多いのです。

何を話すかも重要ですが

それ以上に

どう話すかが大切です。

同じ芝居で同じセリフを
表現するのでも

感動させられる役者と
そうではない所謂大根役者がいます。

保険営業もこれに似ています。

しかしみんなが注目するのは
トークばかりです。

今回紹介するCDでインタビューした
竹下氏の話を聴けば

トーク以外の部分を変えれば

営業が変わる!

そして結果が変わる!ことを

あなたは知ることになるでしょう。

現場ですぐに使えると感じたのが

竹下氏の「あいづちと仕草」に
関するノウハウです。

これらのノウハウを駆使すれば

今までと同じトーク

今までと同じアプローチが

あなたの強力な武器になり得ます。

それでもトークばかりを追い求めますか?

詳しくはこちら↓
“あいづちと仕草”を変えれば
生命保険は売れる!





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック