■なぜあの人は社長に100%断られないのか?

ここでは、■なぜあの人は社長に100%断られないのか? に関する情報を紹介しています。
■なぜあの人は社長に100%断られないのか?

先日、風邪の治療のため
病院の内科の待合室で順番を
待っていると

別の診療科から子供、赤ちゃんの
大きな泣き声が聞こえてきました。

1人ではなく、複数の子が
泣いている様子。

その日は予防接種をする日だった
のです。

大人でも少し痛く感じる注射針は
赤ちゃんや子供にとっては天敵とも
言えるでしょう。

しかし

注射は痛いものという常識が
変わるという記事を読んだことがあります。

あるベンチャー企業が開発した・・・

金属製ではなく植物性樹脂でできた
注射針は

人の皮膚を刺して血を吸う蚊の針が
モデルだといいます。

痛みは感じにくいそうです。

蚊が人に針を刺しても
人は痛みを感じないように

「知らないうちに」

予防接種が終わっている
時代がすぐに来るかもしれません。


知人が大腸の内視鏡検査を
したといいます。

検査までの準備が大変だったり
検査自体もつらいというイメージが
ありましたが・・・

彼は「知らないうちに」終わったと
言います。

実はカメラ付カプセルを口から
飲み込むと

腸内の画像が送られてくるという
検査を選んだのです。



これら2つの話は法人保険営業に
通じます。



保険の話をする前に
社長から断られてしまう・・・

法人アプローチがうまくいかない・・・

こんなことに悩んでいませんか?

今回紹介するCDでインタビュー
した大田氏は

アプローチで

社長から断られることが

ほぼ100%ありません。

アプローチが成功すれば
契約の可能性がぐんとアップする
ことは言うまでもありません。

注射と検査の話と同じで
「知らないうちに」の達人なのです。

大田氏と面談した社長は

保険の営業を掛けられている
保険を売り込まれている
という感覚は持ちません。

「知らないうちに」
契約にたどり着いてしまうイメージです。

秘密は

大田氏の雑談テクニックです。

大田氏の雑談は

営業、販売との垣根・ハードルが
恐ろしく低いのです。

「単なる雑談」

そして

「保険契約に繋がる雑談」が

存在することを

あなたは知っていましたか?

多くの保険営業パーソンは
高度な売り方を追い求めます。

もちろん間違いではありませんが
成功者は

雑談が特別なのです。

それでもまだがんばって保険を
売込みますか?

それとも「知らないうちに」
契約を獲得したいですか?

詳しくは↓
この雑談で法人保険が売れる
100%社長に断られないアプローチ手法







コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック