■非課税枠をこう語るだけで相続保険が売れる

ここでは、■非課税枠をこう語るだけで相続保険が売れる に関する情報を紹介しています。
■非課税枠をこう語るだけで相続保険が売れる

食品関係の会社の社長とお酒を飲む
機会がありました。

彼はいわゆる老舗の3代目の経営者ですが
今まで長年成功してきたビジネスに安住する
気は全くありません。

会う度に、斬新で他にはないビジネスモデルを
考えていて話してくれます。

斬新で特別なビジネスモデル・・・

確かに素晴らしい発想です。

しかし先日テレビで見た業績好調な
食品会社のビジネスには驚きました。


その会社の主力商品は白米。


普通の米を炊いてお店に出荷する・・・
これで売上を伸ばしています。

回転寿司店などは店内で
味が同じ米を大量に炊き続ける
ことが難しい場合が多く

炊いた米を毎日買ってくれる
といいます。

普通に炊いた米自体は
斬新でも特別でもありませんが

どこに売るか
すなわち「使い方次第」なのです。


少年野球の全国大会で優勝した
チームの監督のインタビューを読んだ
ことがあります。

その監督は投手にほとんど
全力投球させません。

投手は山なりの遅い球を
中心に打者に投げます。

しかしいいコースに投げれば
それ程ヒットは続かないし

将来がある投手が怪我をする
リスクも回避できると

その監督は話していました。

遅い球でも「使い方次第」
なのです。



これら2つの話は
相続対策保険を売る
場合にも通じます。


相続対策保険が売れない・・・

どんな話をすれば富裕層が
興味を持つかわからない・・・

こんな悩みを抱えていませんか?

今回紹介するCDで
インタビューした大田氏は

コンスタントに
相続対策保険の契約を
獲得しています。

といっても

特別で

誰も知りえない情報で

差別化しているわけでは
ありません。

大田氏は

誰でも知っている情報、知識を

相続対策保険を売る武器に
変えてしまいます。

白米や遅い球の話と同じで
「使い方次第」なのです。


「生命保険金の非課税枠」


この保険営業パーソンなら
誰でも知っている常識が

大田氏の切り札の1つです。

セミナーや研修で学べるのは
最新で専門的な情報が中心です。

もちろん間違いではありませんが

トップセールスパーソンは

みんなが前から知っている情報で

楽々保険を売っています。

情報は「使い方次第」なのです。

「生命保険金の非課税枠」を
語り

相続対策保険が売れるノウハウを
あなたは知りたくはないですか?

詳しくは↓
不動産・分割・信託を語れば
相続対策保険は簡単に売れる!






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック