■法人に売れない人と売れる人の差

ここでは、■法人に売れない人と売れる人の差 に関する情報を紹介しています。
■法人に売れない人と売れる人の差

甲子園で優勝経験のある
名門高校野球部出身の人が

インタビューに答えている動画を
見ました。

普段の練習内容を聴くと
驚くことに特別なものはありませんでした。

普通の高校と大差はないのです。

特別なのは

毎日練習するグランドだと
語っていました。

甲子園球場と
ほぼ同じ広さだそうです。

グラウンドの広さと野球のうまさは
直接関係ないように思えますが

選手の甲子園に対する
意識が変わったり

グランドの大きさに慣れることで

好結果に繋がりやすくなると
予測できます。

いずれにしても

「ほんの少しの差」が

勝負を分けるということでしょう。


お酒も食事も全く減らすことなく
ダイエットに成功した友人がいます。

彼がやったことは

食事の時間を意識することだけ
です。

就寝3時間前までには済ませる
ようにしたのです。

たったこれだけのことで
ウエストも体重も落ちたといいます。

食事する時間という

「ほんの少しの差」が
結果を左右する例と言っていいでしょう。



これら2つの話は法人保険営業に
通じます。



法人アプローチがうまくいかない・・・

社長にすぐに断りを受けてします・・・

こう感じたことはありませんか?

今回紹介するCDでインタビューした
鈴木氏は

法人アプローチの達人です。

保険ではなく問題解決で
アプローチをします。

この方法でアプローチ
することは

決して特別でないかも
しれません。

鈴木氏が

特別なのは

「問題解決をする理由」です。

なぜ保険ではなく
問題解決なのか?

その理由を簡潔に一言で
社長に伝えます。

これを聴いた社長は
すぐに納得して話が前に進む
のです。

やることは問題解決で
みんなと同じです。

しかし「理由」という
「ほんのわずかな差」が

成功と失敗をわけるのです。

トップセールスパーソンが
社長に伝える「理由」を
知りたくはないですか?

詳しくはこちら↓
このアプローチで
社長はあなたの話に夢中になる!





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック