■設計書を作る前に「これを」作れ!

ここでは、■設計書を作る前に「これを」作れ! に関する情報を紹介しています。
■設計書を作る前に「これを」作れ!

社内で使う紙を極力減らす試み
(ペーパーレス化)を目標とした会社が
ありました。

あなたがこの会社の社長なら
どうやってそれをスタッフに徹底させますか?


コピー用紙を裏表使うように
注意する・・・

メモやノートで記録を残すのではなく
すべて必要なことはPCなどに
入れるように指導する・・・・

とにかくペーパーレス化が進むように
部下に指示し続ける・・・・

普通ならこんなことを考えるでしょう。

一方

この会社の社長は全く違うやり方で
ペーパーレス化に成功しました。


ナント

すべての机の引き出しを
捨ててしまったのです!!


引き出しがなければ、ノートや紙を
しまう場所がありません。

ですから

すべての記録や仕事をPCで行う
ようになり

ペーパーレス化は短期間で進み
その会社は今それが当たり前に
なったそうです。

目的達成のためにがんばることは
大切なことですが

今回紹介したような会社のように

「仕組み」

を作れば

効率的に目的に辿り着く
こともあるのです。


ファミリーレストランで売っている
子供向けおもちゃは

結構売れていて利益率も高く
お店の収益源になっている
そうです。

といっても

ファミレスの店員は
「おもちゃはいかがですか?」とは
売り込みません。

親がレジで会計をする時に
子供の目線におもちゃを並べる

満席の際、座って待つ席の
前におもちゃの棚を置くなど

売れてしまう「仕組み」があると
言っていいでしょう。



これら2つの話は
ドクターマーケットの新規開拓に通じます。



今回紹介するCDでインタビューした
鈴木氏は

ドクターーマーケットから長年
契約を獲得し続けています。

しかし

ドクターに保険を売り込む技術が
うまいわけではありません。

うまいのは

「仕組み」を作ることなのです。

売り込まなくても・・・
無理に保険の話題を出さなくても・・・

保険が必要になってしまう
保険契約に行きついてしまう

「仕組み」を作り

成果を出し続けています。

決して高度で難解な方法では
ありません。

やり方を知りさえすれば

誰でも

いつからでも

実践できるノウハウだと考えています。

「仕組み」というと大袈裟なことと
感じる方もいるかもしれませんが

実は

「ある事を繰り返す」だけなのです。

「ある事を繰り返す」だけの

とてもシンプルな「仕組み」で

ドクターに保険を売ることが

簡単になると表現していいでしょう。

まだ設計書を作り
ドクターに保険を売り込みますか?

詳しくは↓
年2億円稼げた!
ドクターマーケット新規開拓術






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック