■「名義」で法人新規開拓しています

ここでは、■「名義」で法人新規開拓しています に関する情報を紹介しています。
■「名義」で法人新規開拓しています

ラーメン店では
リピーターを作ることが
成功の鉄則と言っていいでしょう。

麺やスープにこだわり
味で違いを出して
リピーターを獲得しようとするのが

普通のラーメン店です。

これも正しいのですが

ある繁盛ラーメン店は

全く別の

リピーター対策をしていると
いいます。


それが何か想像がつきますか?


実は・・・


麺の量。


あえて麺の量を標準的なもの
よりも

ほんの少し減らしているそうです。

満腹にならないことで

お客様はもの足らない感じがして

また食べたい!となりやすくなると

いいます。

麺を減らすという

「簡単なアイデア」が

差別化の武器になることも
あるのです。


飲料水メーカーは

今までにない新しく
おいしい商品の開発に

しのぎを削っていると
言っていいでしょう。

その一方で

単なる「水」が
入ったペットボトルが

売れるわけです。

これも「簡単なアイデア」で
差別化している一例だと
考えます。



これら2つの話は法人保険営業に
通じます。



法人の新規開拓で思い描いた
成果を出すことができない・・・

ライバルと違う提案で
社長の関心を引き付けることが
できない・・・

こんな悩みを抱えていませんか?


今回紹介するCDでインタビューした
亀甲氏は

「簡単なアイデア」で

差別化してしまう達人と言って
いいでしょう。

これはすぐにでも使えると感じたのが

インタビューで詳しく語られいる

がん保険の
名義に関しての提案ノウハウです。

個人が常識なものを

法人に変えるだけで

大きなメリットを
得られるというものです。

まさに「簡単なアイデア」ですが

多くのケースは個人ですから

このノウハウを知るだけで

訪問できる、開拓できる法人は
劇的に増えると予測できます。

差別化できる武器は
既にあなたの手の中にあります。

それを知っているか、知らないだけの
差だと言っていいかもしれません。

詳しくは↓
社長に「話を聞かせて欲しい」と
言わせる法人生保提案の裏技




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック