■もう保険を提案するな、簡略化を提案せよ

ここでは、■もう保険を提案するな、簡略化を提案せよ に関する情報を紹介しています。
■もう保険を提案するな、簡略化を提案せよ

「勤める会社のコピー機の使用頻度が
劇的に減っている」

あるOLがこんなことを口にしていました。

会議を開くというと

かつては出席者全員のために資料を
人数分コピーして(プリントアウトして)

ホッチキスで止めて
席にセットするのが仕事でしたが・・・

今は出席者が全員、ノートパソコンを
持って会議に来ることになっているので

メールで資料を送って準備は
終わるといいます。

また事前に資料を読むことも決まりに
しているため

会議の時間も以前よりも大幅に
短くなったそうです。

今後はネット上で会議を行う計画が
進んでいるので

そうなればますます時間や経費や
手間が省けるに違いありません。

全員が同じ場所に集まって
紙を見ながら会議する形が

どんどん

「簡略化」

される傾向にあると言っていい
はずです。


「簡略化」



この話は法人保険営業に通じます。



今回紹介するCDでインタビューした
亀甲氏は

法人新規開拓で驚異的な結果を
残しています。

といっても

保険を流暢に売り込んで
契約を獲得するという

発想はありません。

今まで手間と時間がかかり

頭を悩ませてる要因でもあった

事業継承・相続の

「簡略化」

を提案して社長に支持され
続けているのです。

会議は

メールやネットを活用して
「簡略化」しましたが

亀甲氏が得意とする
「簡略化」は

「社団法人」

を活用します。

「社団法人」を使うと

相続・事業継承が
驚くほど「簡略化」することが
できるのです。

決して高度で難解な方法では
ありません。

知っているか知らないかだけで
大きな差が出る方法だと
言っていいはずです。

詳しくは↓
相続税軽減するのではない
相続を無くす提案とは?





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック