■社長のその断りは契約に変えられます!

ここでは、■社長のその断りは契約に変えられます! に関する情報を紹介しています。
■社長のその断りは契約に変えられます!

あるタレントは
「自分には集中力がない・・・」
と嘆いていると

奥様からこんな声を掛けられて
元気づけられたと言います。

「集中力がないのではなく
あなたは散漫力がある!!」

集中できないということではなく
何にでも興味を持てるという
ことを伝えたかったのでしょう。

一見マイナスに見えることでも

「視点を変える」ことで

プラスにすることはできるのです。


あるメーカーの1リットル醤油が
750mlに変更されたことが
ありました。

ほぼ同じ値段で量の減少です。

原料の高騰などでこうぜざるを
得ない状況があったと
予想できますが

CMでは

「(小さくなって)
新鮮なうちに使いきれていい」

と訴えていたと記憶します。

これも

「視点を変える」ことで

マイナスをプラスにする
好例と言っていいはずです。



これら2つの話は
法人新規開拓にも通じます。




「機械の入れ替えで
お金が必要だから
今保険に入る余裕はない」

こんな類の断りは
保険営業パーソンなら
日常茶飯事でしょう。

他の負担する費用が
あるから

保険料は捻出できないという
ことです。

一見、全く保険営業パーソンには
チャンスがなく絶望的な状況に
思えますが

実はチャンスに繋げることは
できるのです。

「視点を変える」だけで。

今回紹介するCDの中で
インタビューした亀甲氏は

「視点を変える」ことで

ピンチを

大きなチャンスに変換して

しまう達人です。

CDで語られている
「設備投資を生命保険に
繋げる提案ノウハウ」

という部分を必聴です。

社長の断りを契約に見事に変える
ノウハウが語られています。

インタビューでは

この他にも

保険料・返戻率で負けて
しまっている場合

病歴がある社長や
高齢の社長と面談した場合

既に退職金プランに加入している
場合など

普通ならチャンスなしと思える
場面を

契約に直結させる方法が
満載です。

多くの保険営業パーソンは
断らない社長を探し求めます。

間違いではありませんが

売れる人は

断りやピンチを

契約に変えるテクニックに長けて
います。

これを知っているか知らないか
だけで

結果には大きな差がでると
考えています。

詳しくは↓
1億稼げた!
法人生保新規開拓術





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック