■こうすればドクターのYESを引き出せます

ここでは、■こうすればドクターのYESを引き出せます に関する情報を紹介しています。
■こうすればドクターのYESを引き出せます

あるコンサルタントのホームページを
見ると

その大部分が

ご自身が発行するメールマガジンに
ついて記載されていました。

普通のコンサルタントの
ホームページは

どんなコンサルティングをしていて
料金はいくらでという類な事に
多くのページが割かれているでしょう。

メインの業務である
コンサルティングを
受けたいか、受けたくないかの

「選択肢」を提示しているのです。

一方、前者のコンサルタントは

メルマガを読むか、読まないかの
「選択肢」を提示しています。

いきなりコンサルを受けるか
受けないかを問うよりも

確実に反応率は上がるはずです。

またメルマガを読んでもらうことで
最終的にコンサルティングの売上も
順調に上がると予測できます。

「選択肢」によって結果が変わる
一例でしょう。


メジャーリーグの球場では

野球が全くわからない子供でも
楽しめるアトラクションが多数用意
されています。

球場に通うことで
やがて野球が好きになり
チームのファンになるのです。

子供に

野球が好きか嫌いか
チームのファンなるか、どうか

の「選択肢」をいきなり提示しない
のです。

球場に来たいか、来たくないか
という「選択肢」を提示して

最終的に好結果を導いていると
考えます。

「選択肢」によって結果が変わる
と私は考えます。



これら2つの話はドクターマーケットの
新規開拓に通じます。



ドクターマーケットの新規開拓が
思ったように進まない・・・

そもそもドクターが保険の話を
聴いてくれない・・・・

こんな悩みを抱えていませんか?


今回紹介するCDでインタビューした
鈴木氏は

ドクターマーケットで驚異的な成果を
長年出し続けています。

しかし

保険を売り込むのがうまいわけでは
ありません。

成功の要因の1つは

「選択肢」の違いです。

普通の保険営業パーソンは

ドクターに

保険契約するか、しないか

自分の話を聴きたいか、聴きたくないか

という類の「選択肢」を提示する
傾向が強いでしょう。

保険には興味がなく
忙しく保険の話を聴きたくない
ドクターは

当然NOと言うに違いありません。

だからドクターマーケットの新規開拓が
進まないのです。

一方

鈴木氏は

多くのドクターがYESと言う

「ある選択肢」を

初回面談で提示するのです。

保険に関する「選択肢」とは
全く別物です。

ドクターのYESがもらえれば
話は先に進みます。

ドクターマーケットの新規開拓も
「選択肢」によって

結果が変わるのです。

YESを引き出す
「ある選択肢」を知りたくはないですか?

詳しくは↓
年2億円稼げた!
ドクターマーケット新規開拓術





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック