■この会話ができないと法人保険は売れない

ここでは、■この会話ができないと法人保険は売れない に関する情報を紹介しています。
■この会話ができないと法人保険は売れない

少し考えてください。

あなたが英語の教材を売る
営業パーソンです。

目の前にいるお客様に
教材を売る場合

どんな話からスタートさせますか?

会っていきなり販売している
英語教材の

良さや安さを

流暢に売り込んでも

うまくはいかないことは確実です。

私ならお客様と

「未来」ついて話します。

ネットなどの影響もあって
ますます世界は狭くなると
言っていいでしょう。

よりグローバル化することは
間違いありません。

日本は少子高齢化で
海外でのマーケティングは
今以上に不可欠になるはずです。

また労働力が不足して外国人を
移民させることもあるかもしれません。

今以上に海外とのかかわりが増え
英語力が必要になることに
気づきませんか?

つまり英語を勉強する必要が
あるということになるでしょう。

ですから
いい英語教材がどうしても今いる!

こんな結論を導けます。

単に英語教材を売り込むことと
結果に差がでるとは感じませんか?



この話は法人保険営業に通じます。



法人新規開拓で
思い描いた結果がでない・・・

社長からすぐに断りを受けて
しまう・・・

こんな悩みを抱えていませんか?

今回紹介するCDでインタビューした
鈴木氏は

長年、法人新規開拓で
驚異的な成果を出し続けています。

といっても
保険をうまく売り込んで
契約を獲得しているわけではありません。

積極的に保険を語ることは
なのです。

語る必要もない!と
断言しています。

鈴木氏がやっていることは

社長に

保険を語るのではなく

「未来」を語ることなのです。

英語教材の例と似ています。

「あるやり方」で

「未来」を語っていけば

ほぼすべてのケースで

保険が必要になってしまう

すなわち法人契約に至ってしまう
といいます。

決して難しいノウハウでは
ありません。

知っていれば
誰でも何時からでもスタート
できるものです。

それでも社長に保険を語りますか?

それとも

「あるやり方」で「未来」を語り

売り込みなしで
法人契約を手にしたいですか?

詳しくは↓
このアプローチで
社長はあなたの話に夢中になる!





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック