■売れる人はサザエさん,売れない人は相続を語る

ここでは、■売れる人はサザエさん,売れない人は相続を語る に関する情報を紹介しています。
■売れる人はサザエさん,売れない人は相続を語る

ラジオショッピングで
ある育毛剤が紹介されていました。

非常に小さな粒子で構成された
育毛剤の成分が

頭皮から毛穴を通って毛根へ
到達する特徴があります。

キャスターの方は

毛穴の大きさを野球場だと
すると

育毛剤の成分粒子のサイズは
ボールより小さいと表現していました。

わかりやすい!
なるほど!

とラジオを聴きながら感じました。

野球場が毛穴で
育毛剤の成分粒子がボール。

いかに粒子が小さくて
いかに毛根に届きやすいか
一瞬で理解できました。

難しいことをそのまま伝える
だけではなく

少し「変換」することで

相手の理解度が高まる

ということではないでしょうか。


年払い36000円が

安い、お得であることを

お客様に伝える場合

そのまま伝えることも間違いでは
ありません。

しかし月々3000円と
ほんの少し「変換」するだけで
伝わり方が違うこともあるはずです。

さらに
1日わずか100円程度とか

缶コーヒー1本分などと

「変換」すれば

その安さやお得さを

理解しやすくなるのではないでしょうか。



これら2つの話は保険営業に通じます。



需要があるはずなのに
なかなか相続対策保険が売れない・・・

相続対策を提案しても
「検討します」と言われてしまう・・・

こんな悩みを抱えていませんか?


今回紹介するCDでインタビューした
大田氏は

相続対策保険の契約を
コンスタントに獲得し続けています。

一般のお客様にとって
難しいと考えられる

相続を

ほんの少し「変換」して

多くの契約を獲得しているのです。


サザエさん話法

マイケルジャクソン話法

金メダル、銀メダル、銅メダル話法

など

ご年配のお客様なら
敬遠しそうな相続に関する事柄を

「変換」し

お客様の理解度を短時間で
アップさせてしまいます。

「検討します!」
「検討中です」

保険営業パーソンなら誰もが
聴きたくないお客様の言葉でしょう。

本当に検討している場合も
ありますが

多くの場合は
お客様が深く理解できてない
というサインだと私は考えます。

お客様の理解度を高める!
強力な武器となるのが

今回挙げた

相続を「変換」した話法なのです。

それでもまだ相続を語りますか?

それとも
サザエさんやマイケルジャクソンを
語りますか?

詳しくは↓
売れる人はサザエさん
売れない人は相続を語る


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック