■社団法人を語ると法人の保険が全部獲れる

ここでは、■社団法人を語ると法人の保険が全部獲れる に関する情報を紹介しています。
■社団法人を語ると法人の保険が全部獲れる

学生時代、家庭教師センターで
営業のアルバイトをしていた時

「家庭教師の良さを詳しく説明
させてください。」

とアポイントを取って訪問するより

「次回の定期テストのポイントを
アドバイスします。
無料体験学習はいかがですか?」

とした方が

はるかに成約率がアップしたと
記憶しています。

前者は
売る人と売られる人という関係に
なります。

後者の場合は
教える人と教わる人という関係に
なります。

がんばって売るということも
間違いではありませんが

お客様との「関係性を変える」
ことで結果は変わるということ
ではないでしょうか。


「子供の野球用品を買う時は
すべてあのスポーツ店で!」

と決めている知人がいます。

安いからその店を選ぶわけでは
ありません。

店員が元プロ野球選手なのです。

いろいろなアドバイスや
元プロならではの話を聴くことが
できるそうです。

この場合も
グローブやバットを売る人と
売られる人という関係ではありません。

スポーツ店は
お客様と店員の「関係性を変える」
ことで売上に繋げていると言って
いいはずです。



これら2つの話は法人保険営業に
通じます。



法人新規開拓で

思い描いた結果を出すことができない・・・

社長に話を聴いてもらえない・・・

保険の話をするとすぐに断られて
しまう・・・

こう感じることはありませんか?

今回紹介するCDでインタビューした
亀甲氏は

法人新規開拓で
長年結果を出し続ける達人です。

しかし

保険をうまく売り込んで契約を
獲ることがうまいわけではありません。

社長との

「関係性を変える」ことに

長けています。

比較的短い時間で効率的に

社長のパートナーとなる、

会社の戦略をアドバイスする
立場になる

ノウハウを確立しています。

この立場になれば
保険を無理に売り込まなくても
契約が獲れるようになります。


強力な武器の1つは

「社団法人」。

「社団法人」を語り

社長との「関係性を変える」
方法があるのです。

「関係性を変える」前に
保険を売り込んでしまうから
結果が出ないのです。

決して難しいノウハウでは
ありません。

知っているか知らないかだけで
大きな差がでる方法なのです。

保険を売る人と
保険を売られる人という
関係を続けますか?

それとも社団法人で
社長のパートナーになり
売り込まずに法人契約を
獲得したいですか?

詳しくは↓
法人新規開拓はアイデアが9割




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック