■1度に複数の法人を紹介されるレバレッジ戦術

ここでは、■1度に複数の法人を紹介されるレバレッジ戦術 に関する情報を紹介しています。
■1度に複数の法人を紹介されるレバレッジ戦術
                   
孫正義さん率いるソフトバンクが
携帯電話会社を買収した時の額は
1兆7500億円。
                   
ソフトバンクが持っている現金や預金で
この額をすべて賄えたわけではありません。
                   
LBO(レバレッジド・バイ・アウト)という
手法を使ったのです。
                   
LBOとは
「買収先の企業が保有している資産を担保に
買収資金を借り入れて企業買収する手法」
です。
                   
もしも孫さんが全く新しい携帯電話会社を
一から設立して
                   
ドコモやauの契約を1件1件ひっくり返す
だけの戦術をとっていたら
                   
今のソフトバンクの発展はなかったと予測
できます。
                   
レバレッジ
                   
てこの原理を活用したからこそ
効率的でかつスピーディーに事業を
成長させることができたはずです。
                   
                   
                   
この話は法人新規開拓に通じます。
                   
                   
                   
法人契約の件数を増やしたいが
なかなか思った通りにいかない・・・
                   
次々法人新規開拓を進めたいが
訪問先、法人見込み客を確保するのが
難しい・・・
                   
こう感じることはありませんか?
                   
今回紹介するCDでインタビューした
大田氏は
                   
長年、コンスタントにそして効率的に
法人契約を獲得し続けています。
                   
もちろん訪問先、見込み法人に困る
ことは、ありません。
                   
成功の秘密は
                   
孫さんのやり方と同じで
                   
レバレッジ。
                   
「1度行動を起こすと」
                   
税理士から”複数”のクライアントを紹介される
仕組みを完成させています。
                   
この仕組みのすごい所は
                   
税理士のクライアントだけではなく
                   
クライアントの”取引先”まで
紹介される可能性が大きく広がる点です。
                   
さらに大田氏は
税理士から銀行、弁護士、社労士なども
紹介も獲得して

そこから
また法人の紹介を獲得するノウハウも
確立しています。
                   
「1度の行動を起こすと」
                   
てこの原理を活用して大きなものを
動かすかのように
                   
法人の紹介を連発させる仕組みなのです。
                  
こんな法人紹介のレバレッジ戦術を
あなたは知っていましたか?
                   
決して高度で難解なノウハウではありません。
                   
知れば誰でもいつからでも実践できる
方法だと考えています。
                   
知っているか、知らないかだけの
ほんの少し差が
手にするコミッションの大きな差になるのです。
                   
詳しくは↓
税理士からの継続的な紹介で
法人新規開拓に成功する方法







コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック