■もう保険提案を変えるな!ここを変えよ

ここでは、■もう保険提案を変えるな!ここを変えよ に関する情報を紹介しています。
■もう保険提案を変えるな!ここを変えよ
                   
少し考えてください。
                   
あなたはゴルフ用品を売る店の経営者です。
                   
来店したお客様に性能はいいものの
決して安くないクラブを売る場合
どんな戦術を立てますか?
                   
性能の安さをアピールする
                   
クラブで試打してもらい
その良さや今までの商品との違いを実感してもらう
                   
期間限定で値引きをする
                   
いろいろ考えられ
どれも間違いではありませんが
                   
私なら・・・・
                   
ゴルフ部出身者など指導ができる人を
店頭に立たせます。
                   
そしてお客様にスイングしていただき
スコアがよくなるためのアドバイスを徹底的にします。
                   
お客様との「関係」を変えるのです。
                   
クラブを売る人と売られる人という
「関係」ではなく
                   
スイングの的確なアドバイスをする人と
される人という「関係」を目指します。
                   
こんな「関係」ができてから
スイングをもっとよくする1つの手段として
ゴルフクラブを紹介します。
                   
いきなりクラブを売り込むよりも
はるかに買ってもらう可能性は
高くなるのではないでしょうか。
                   
いきなり売り込みのではなく
まずは「関係性」を変える戦術です。
                   
                   
                   
この話は法人保険営業に通じます。
                   
                   
                   
既契約やライバルがした提案よりも
有利で得な保険プランを勧めても
なかなか契約に至らない・・・
                   
こう感じたことはありませんか?
                   
今回紹介する音声セミナーでインタビューした
小林氏は
                   
提案する条件で比較されることは
ほぼないのです。
                   
保険料や返戻率などが多少劣っていても
契約が獲れてしまいます。
                   
秘密は
                   
お客様との「関係性」です。
                   
小林氏はいきなり保険を売り込みません。
                   
まずすることは
「関係性」を変えることなのです。
                   
「保険営業の小林さん」「保険の小林さん」
ではなく
                   
お客様から
                   
「小林先生」と呼ばれることも少なくないそうです。
                   
「先生!」
                   
あなたがもし社長やドクターからこう呼ばれたら
保険を売ることが簡単になるとは思いませんか?
                   
実は「先生」と呼ばれる方法があるのです。
                   
設計書を広げてメリットを流暢に説明する
だけでは一生こう呼ばれません。
                   
やり方があり、小林氏はそれを確立しています。
                   
詳しい方法はインタビューで明らかになります。
                   
あなたは保険屋と呼ばれ続けたいですか?
                   
それとも先生と呼ばれながら
巨額のコミッションを稼ぎたいですか?
                   
詳しくは↓
音声セミナー
私は20年間同じアプローチで
経営者・ドクターに保険を売り続けています!
~ここを変えるだけであなたもTOTになれる~





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック