■2億稼ぐ人はこんな飛込みをしています

ここでは、■2億稼ぐ人はこんな飛込みをしています に関する情報を紹介しています。
■2億稼ぐ人はこんな飛込みをしています
                  
あなたはごくごく普通の力をもった投手です。
                   
試合でホームランを清宮級に打つ
強打者バッターと対戦しなければいけません。
                  
どんなピッティングをしますか?
                  
グランドで一か八かの力勝負をすると
いうこともいいでしょう。
                  
しかし常識的に言えば打たれてしまう
確率は高いはずです。
                  
では
                  
もし対戦する打者はアウトコースの
高めの球は何でも振ってしまうという
「情報」が事前にわかったらどうでしょうか?
                  
私ならアウトコース高めからボールになる
球を投げます。
                  
打ち取れる可能性はいきなり勝負するよりも
ぐんとアップするに違いありません。
                  
事前に「情報」を得て
その「対策」ができればよい結果に繋げやすく
なるということではないでしょうか。
                  
                  
入試に受かるために
教科書を1ページ目からすべて暗記してしまう
勉強方法も悪くありません。
                  
一方で受かりたい学校の入試問題を
研究して、試験に出そうな部分の「情報」が
つかめれば
                  
「対策」ができ
効率的な勉強ができるはずです。
                  
「情報」をつかんで「対策」ができれば
成果に繋げやすくなる一例と言えるでしょう。
                  
                  
これら2つの話は法人保険営業に通じます。
                  
                  
法人新規開拓で
                  
アプローチがうまくいかない・・・
社長にすぐに断りを受けてしまう・・・
                  
こんな悔しい思いをしていませんか?
                  
今回紹介するCDでインタビューした
鈴木氏は法人アプローチの匠と
言っていいはずです。
                  
飛び込みで法人をいきなり訪問しても
高確率で初回面談を成功に導き
法人契約に繋げてしまいます。
                  
秘密は
                  
「情報」そして「対策」です。
                  
投手と入試の話と同じなのです。
                  
鈴木氏は
事前に訪問する法人が抱える問題は
何かという「情報」を的確に予測します。
                  
抱える問題の予測がつけば
当然「対策」が立てられます。
                  
飛び込み訪問をして
それを語るだけなのです。
                  
社長の身になって想像してみてください。
                  
訪問した営業パーソンが
今抱えている問題を解決してくれると
もし言ったら
                  
話ぐらいは聴こうということになるはずです。
                  
こうなれば初回面談は成功します。
                  
ポイントは事前に法人が抱える
問題・・・「情報」をキャッチすることです。
                  
初めて行く法人ですから
普通は抱えている問題はわかりません。
                  
企業情報を取り寄せても書いてありません。
                  
実は
                  
法人・社長が抱えている問題をキャッチする
                  
「簡単な方法」があるのです。
                  
インタビューではその「簡単な方法」を
詳しく解説していただきました。
                  
この方法を知るだけで
                  
あなたは手ぶらで法人を訪問することが
なくなります。
                  
「簡単な方法」を使って
問題を予測してその「対策」を持っていく!
                  
こうなれば
初回面談の成功率が
奇跡的にアップするとは思いませんか?
                  
あなたはまだ一か八かの
法人アプローチを続けますか?
                  
詳しくはこちらをクリック↓
このアプローチで
社長はあなたの話に夢中になる!






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック