法人保険が売れる人は保険の前に「この話」を社長とします!

ここでは、法人保険が売れる人は保険の前に「この話」を社長とします! に関する情報を紹介しています。
■保険の話ではなく価値をアップさせる話

トップセールスは保険を語る前に
必ず社長と「この話」をすることを
知っていましたか?
                   


                   
「通常691円が500円に割引!」
                   
デパ地下にある人気店が実際にした
割引です。
                   
最初からこの数字を見るだけなら
私なら「ああそうなの。」としか
思わないでしょう。
                   
一方先日テレビで見かけた情報番組では
複数の芸能人がデパ地下を訪れ
                   
その中の一人のお笑い芸人が
販売員に割引ができないか交渉する姿が
映し出されました。
                   
販売員は店長でないと決められない
と言い、店長を呼びに行きます。
                   
店の奥から店長の姿が見えると
お笑い芸人から若くて可愛いハーフの
モデルに交渉役をチェンジして
一生懸命割引をお願いします。
                   
迷った末に店長が下した決断が
「691円が500円になる割引」
だったのです。
                   
単に数字だけの500円と
                   
わざわざデパ地下まで行き、店長と交渉して
まで勝ち取った500円。
                   
結局値段は同じですが、見る人の
500円の商品の「価値」は
後者の方がずっと高く感じるはずです。
                   
「プロセスによって価値は大きく変化する」
と私は考えます。
                   
                   
この話は法人保険営業に通じます。
                   
                   
法人契約をもっと増やしたいが
なかなか思ったようにいかない・・・
                   
法人に提案しても「検討します」と
言われてしまうことが少なくない・・・
                   
こう感じることはありませんか?
                   
今回紹介する音声セミナーでインタビューした
小林氏はコンスタントに法人契約を獲り続けて
います。
                   
一時期獲れたのではなく、もう長年成果を
出して、21回のMDRTなのです。
                   
しかし
                   
きれいでかっこいい設計書を作り
始めから保険をうまく売り込むことが
うまいのではありません。
                   
デパ地下の話と同じで
                   
「プロセスによって価値を大きく変化させる」
ことがうまいのです。
                   
当然、保険の価値を上げることが秀逸なのです。
                   
保険の話を社長としようとするのではなく
                   
その前に
                   
社長と「ある話」をすることが価値をアップ
させるポイントです。
                   
この「ある話」は社長も聞きたいし、語りたい
話題でもあるのです。
                   
さらに「ある話」をすれば、最終的に保険の
価値をアップさせ
                   
契約にスムーズに結びつけることができます。
                   
「ある話」を知って法人新規開拓の武器に
したくはありませんか?
                   
詳しくは今すぐこちらをクリック↓
音声セミナー
私は20年間同じアプローチで
経営者・ドクターに保険を売り続けています!
~ここを変えるだけであなたもTOTになれる~




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック