保険営業法人新規開拓のヒント■私は初回面談で保険を絶対語りません

ここでは、保険営業法人新規開拓のヒント■私は初回面談で保険を絶対語りません に関する情報を紹介しています。
■私は初回面談で保険を絶対語りません
                  
以前の話ですが、企業のホームページ
などを作成する業者から相談を受け
ました。
                  
簡単に言うと、仕事がなかなか
取れないというのです。
                  
受注できたとしても他社と比べられて
安い金額の仕事にしかならないそうです。
                  
私は、この業者がどんなにかっこよく
きれいなホームページをお得な料金で
作り売り込んでも
                  
状況を変えるのは難しいと考えました。
                  
多くの企業はホームページを
作ることが目的ではないからです。
                  
ホームページを作って売上をアップ
させたりブランドイメージを上げることが
目的です。
                  
ホームページは目的を達成するための
手段の1つでしかありません。
                  
ホームページを売り込むのではなく
売上を上げることやブランドイメージを
上げることで
                  
アプローチするべきではないでしょうか。
                  
売上が下がっている法人は
日本中にはたくさんあります。
                  
どうしたら売上が上がるのか
悩み続けている社長は
あふれていると言っていいはずです。
                  
そんな社長に
抱えている問題や悩みを
解決・解消する提案で
アプローチするのはどうでしょうか。
                  
売上を上げる方法の1つとして
ホームページは欠かすことが
できませんから
                  
自然にホームページを作る仕事は
ついてくるはずです。
                  
またいい人材が集まらなくて
困っている中小企業の社長も
少なくありません。
                  
企業のブランドイメージを上げる
ことで人材を集めることを
提案するのはどうでしょう。
                  
もちろんその手段の1つとして
ホームページが必要になるわけです。
                  
                  
この話は保険の法人新規開拓にも通じます。
                  
                  
保険は手段であるにもかかわらず
多くの保険営業パーソンは目的を
明確にする前に
                  
手段である保険を売り込んでしまって
いるからうまくいかないのです。
                  
ホームページを持っている法人に
「もっとかっこいいホームページを
作りましょう」とただひたすら
売り込むころに似ています。
                  
そうではなく、法人・社長が目的を
達成できる、
                  
悩みや問題を解消・解決できる
                  
アプローチをすべきです。
                  
保険の話を毎日聴きたいという
おめでたい社長は普通はいません。
                  
しかし自分の目的を達成するための
話や自分の抱えている問題を
解決できる話なら、どうでしょうか?
                  
強い関心を示し、あなたの前に話を
聴く態勢で座るに違いありません。
                  
もちろん
「問題を解決します」とストレートに
アピールしてもうまくはいきません。
                  
社長が強い強い関心を示す
「トーク」が存在します。
                  
初回面談で保険を絶対語らない
トップセールスパーソンの

トーク術の秘密が
こちらでもっと明らかになります↓

このアプローチで
社長はあなたの話に夢中になる!





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック