保険営業トップセールスのニーズ喚起話法はこれだ

ここでは、保険営業トップセールスのニーズ喚起話法はこれだ に関する情報を紹介しています。
■ヘリを語れば保険が売れる仕組み
                
先日、コンビニのデザートコーナーで
思わず購入した商品がありました。
                
ある有名メーカーの
                
・・・豆腐です。
                
もちろん普通の豆腐とは違います。
                
一般的なものより濃厚な豆腐に
ハチミツを掛けてデザートとして食べる
ものです。
                
私はこのメーカーの知恵に感心しました。
                
他社よりおいしい、価格が安い!
                
こんなストレートな売り込みをしても
今から豆腐の売上を何倍にもアップする
ことは難しいのではないでしょうか。
                
しかしケーキやスイーツよりもカロリーが
低くヘルシーなデザートとして売れば
可能性は劇的にアップするはずです。
                
厳しい競争も知恵の使い方次第。
                
                
これは保険営業、特に富裕層マーケット
の新規開拓でも同じです。
                
今回紹介するCDでインタビューした
大田氏の知恵は勇逸です。
                
大田氏は保険またはそれを匂わすような
アプローチをまずしません。
                
豆腐を日用品として売るだけではなく
デザートとして売る知恵のように
                
戦うステージを変え
                
富裕層の関心を
強烈に引き付けます。
                
例えば大田氏が使い、契約を連発させて
いるアプローチトークは・・・
                
ラスベガス、為替、旅費規程、痴呆
ペリコプター
                
こんな保険とはほど遠いと思えるトークが
最後に保険契約に繋がってしまいます。
                
保険を語り保険を売ろうとする!
                
セミナーや勉強会で学べるのは
こんなノウハウが中心だとは感じませんか?
                
間違いではありませんが
                
トップセールスパーソンは
                
保険以外を語り保険が売れてしまう
ノウハウを構築しています。
                
知っているか、知らないかで
最終的に手にするコミッションは
大きく変わると考えています。
                
まずはこちらを読んでください↓
今から1か月以内に富裕層と
保険契約できるノウハウ 





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック