FC2ブログ

設計書を使わないガン保険の売り方

ここでは、設計書を使わないガン保険の売り方 に関する情報を紹介しています。
先日行われた数学オリンピックで金メダルを獲得した高校生には
ある共通点が存在している。

あなたはそれが何だか予想ができるだろうか??

実は・・・

親から今まで一度も「勉強しなさい!」と言われたことがない
という点だ。

あなたもきっと経験があるはずだ。

「勉強しなさい!」と親に言われて
「わかってるよ~」「今やろうとしていた所なのに・・」
と反発したことが・・・

親が勉強しろ!とどんなに言っても子供は勉強するようになら
ない。

子供自身が勉強しよう!しないといけない!と気づくまでは。


これは勉強だけではなく、生命保険の営業でも同じなのだ!

どんなにうまいトークでお客様を説得しても思ったような
成績や結果を出し続けることは難しい。

お客様が「なるほど・・・」「この保険は絶対必要だ」
と気づき、初めて契約や紹介に繋がる。

このお客様の「気づき」を得る前に、設計書やパンフレット
を出して、商品や保険料の説明に進んでしまうからうまく
いかない。

ではお客様が「気づき」を得られるにはどうすればいいのか?

お客様に「この保障は絶対欲しい」「この保険は今すぐ必要だ」
「この部分の保障は●●●万円用意したい」と言わせるには?

それらを解説した音声セミナーがこちら↓

最終的にがん保険の契約がもらえるような「気づかせ方」が
理解できる!!

新!音声セミナー
毎月7件のがん保険を確実に獲る方法



音声セミナーでも詳しく説明している「気づかせ方」の
ポイントを最後に1つ。

それは「答え」を言わずに「質問」を繰り返すこと!!

「がんに対する保障は○万円絶対に必要です」というのでは
なく・・・

「●万円の保障は絶対用意したい!」とお客様に言わせる
質問をするのだ!!

すべての答えはこの音声セミナーにある↓
新!音声セミナー
毎月7件のがん保険を確実に獲る方法




■ポッドキャスト

保険営業成功ノウハウ

只今無料配信中。
iTunes Storeで「保険営業」と検索してください!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック