オリンピックを語ると相続対策生命保険が売れる営業術

ここでは、オリンピックを語ると相続対策生命保険が売れる営業術 に関する情報を紹介しています。
オリンピックを語ると相続保険が売れる
                
まだ泳げない(泳いだ経験がない)
幼児や子供の多くは
                
水に顔をつけてすぐに目を開けることが
できません。
                
しかし子供向けの水泳教室では
「がんばって目を開けましょう」
とは指導しません。
                
水の中に落ちて沈んでいる
きれいな石を拾うゲームをやらせるのです。
                
一定時間内どれだけ拾えるか
競争させます。
                
こうすることで
子供は「知らず知らずのうちに」
水中で目を開けることを覚えるそうです。
                
「知らず知らずのうちに」
                
以前お話を伺ったトップセールスパーソンは
この達人です。
                
相続対策保険を売る際
                
「相続の対策はお済みですか?」という
ようなストレートな投げかけはしないのです。
                
彼が得意とするのは
                
オリンピックの話。
                
この旬な話題でお客様と
話が盛り上がると
                
「知らず知らずのうちに」
                
相続の話、保険の話になってしまうのです。
                
セールストークを考えることももちろん
正しいのですが・・・
                
「知らず知らずのうちに」の雑談を
考えてみませんか?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック