中小企業マーケットで2億稼ぐ生保営業パーソンは保険を売らずに手段を売る

ここでは、中小企業マーケットで2億稼ぐ生保営業パーソンは保険を売らずに手段を売る に関する情報を紹介しています。
2億稼ぐ人は保険を売らずに手段を売る
                
友人の家に遊びに行ってトイレに入ると
                
デッドスペースに真新しいおしゃれな
ラックがありました。
                
替えのトイレットペーパーや掃除用具が
収納されている様子。
                
どこで購入したか聞くと・・・
                
何と自作!!
                
しかも材料はすべて100円ショップで
購入したもので製作費は数百円だと
いいます。
                
突っ張り棒、ワイヤーラック、板などを
使いラックを作り、それに色を塗る
だけで簡単にできるそうです。
                
この話を聴いて
100円ショップの未来はまだまだ明るい
と感じました。
                
100円ショップの商品が
道具化、「手段化」されているからです。
                
突っ張り棒はいかがですか?
安くて便利です!
                
こんな商品自体をストレートに宣伝する
だけでは限界があるのではないでしょうか。
                
しかし突っ張り棒を道具や手段として
使えば、活用の仕方は無限です。
                
                
先日YouTubeを見ていると
顔が落ちるマジックを誰でもできるように
解説している動画がありました。
                
顔の位置が胸またはお腹の位置まで
一瞬でどーんと落下するマジックを
きっとあなたも1度や2度目にしたことが
あるでしょう。
                
このマジックが100円ショップで売られ
ているもので、誰でも簡単にできてしまう
のです。
                
これも100円商品「手段化」の
1つの例と言っていいのではないでしょうか。
                
保険のトップセールスパーソンも
この「手段化」がうまいのです。
                
今回紹介するCDでインタビューした
鈴木氏も「手段化」の達人です。
                
鈴木氏は法人新規開拓で
保険の話を積極的にしようとすることは
まずありません。
                
というより最後の最後まで保険を
語りません。
                
語るのは
                
「あるたった1つの事」だけでいいのです。
                
これを語るだけで
                
保険を「手段化」することができるように
なります。
                
1度知れば、あとはこれを繰り返せば
いいだけです。
                
実際に鈴木氏はこれで多くの法人契約を
獲得し巨額のコミッションを稼ぎ続けて
います。
                
知れば誰でもいつからでもできることです。
                
トップセールスパーソンの手段化戦術を
知りたくはないですか?
                
詳しくは↓
                
2億稼ぐ人は保険を売らずに手段を売る



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック