保険営業で大型契約が取れない人はこの方法を知らないだけです!

ここでは、保険営業で大型契約が取れない人はこの方法を知らないだけです! に関する情報を紹介しています。
保険営業で大型契約が取れない人は
この方法を知らないだけです!

バレー全日本女子で活躍する選手の
垂直飛びは75センチだそうです。
                
一般成人の平均が55.2センチと
いうことなので、アスリートはすごいと
感じます。
                
おそらくあなたも学生時代、体力測定で
垂直飛びを経験したことがあると思います。
                
計測する時、ジャンプする前に
あなたはどんな体勢になったか思い出して
ください。
                
立ったまま、そのまま上にジャンプする人は
いないと思います。
                
高く飛ぼうと思ったら、必ず腰を低くして
(体を縮めて)ジャンプするはずです。
                
いきなりジャンプするのではなく
腰を低くするという「1ステップ」を入れる
わけです。
                
子供向け施設が子供を集客するための
チラシを先日見かけました。
                
遊びに来てください!楽しいです!・・・
こんな切り口のチラシが普通ではないで
しょうか。
                
一方、このチラシは全く違っていました。
                
子供入場料無料!
                
子供を無料にしても施設には親が一緒に
来ます。
                
親からはもちろん入場料が取れます。
                
また施設で遊べば当然喉が渇きます。
お腹も減ります。
                
こうなれば飲食の売上が上がるわけです。
                
ただ来ることを促すだけではなく
子供無料という「1ステップ」を挟む
戦術が素晴らしいと思いました。
                
この話は法人保険営業に通じます。
                
法人から大型契約が取れない・・・
                
なかなか契約単価をアップさせることが
できない・・・
                
日々の保険営業で
こう感じることはありませんか?
                
今回紹介する音声セミナーで
インタビューした小林氏は
                
驚くほど単価の高い法人契約を
コンスタントに獲得して
                
21年連続MDRTを達成しています。
                
しかし
                
単に保険料の高い設計書を作って
うまく売り込む方法ではありません。
                
もっと効率的に
保険契約の単価をアップさせる方法が
存在するのです。
                
垂直飛びと子供無料の話と同じで
ポイントは「1ステップ」。
                
ある「1ステップ」を踏むことで
苦労することなく、単価を劇的にアップ
させることが可能になります。
                
インタビューでは
月3000円の契約を1億4000万円の
契約に変えた成功事例が詳しく解説
されています。
                
何と契約単価が3888倍になった
のです。
                
ある「1ステップ」を踏むことで。
                
高い保険料のプランを作って
一か八かでお客様に提案してみる
ことも間違いではありませんが
                
トップセールスパーソンは
確実に契約単価を上げる「1ステップ」
を知っているだけなのです。
                
これを知らずに
保険料の高い設計書を作り続けますか?
                
詳しくはこちらをクリック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック