FC2ブログ

【保険営業・企業開拓トーク】トランプを語ると法人契約が取れる

ここでは、【保険営業・企業開拓トーク】トランプを語ると法人契約が取れる に関する情報を紹介しています。
【保険営業・企業開拓トーク】
トランプを語ると法人契約が取れる
                
タクシーに乗ってスマホで野球中継を
見ている女性が
                
応援しているチームのバッターが
外角のボール球を空振りすると・・・
                
「インハイの後、
外落としてくるのわかるでしょ!!」
                
と嘆く最近よく目にするCMがあります。
                
プロのバッターですから
いきなり外の完全なボール球を投げても
空振りはしないはずです。
                
その前にインハイ、インコースの高めを
投げるという「一段階」があるからこそ
                
外のボールを空振りしてしまうのです。
                
「一段階」があるかないかが勝負の
分かれ道です。
                
釣りの好きな人は、釣り糸を垂らす前に
必ずやることがあるそうです。
                
それは・・・撒き餌。
                
無条件に魚に餌を与えるのです。
                
この「一段階」で釣り針についた餌を
食いつく可能性はアップすると
彼はいいます。
                
「一段階」を踏んでの成功例と言って
いいでしょう。
                
これら2つの話は保険営業に通じます。
                
企業開拓をもっと成功させたいが
なかなかうまくいかない・・・
                
話をしようとすると断られてしまうことが
多い・・・
                
こう感じたことはありませんか?
                
今回紹介するCDでインタビューした
大田氏は企業開拓のスペシャリストで
                
長年驚くような実績を挙げ続けています。
                
成功の大きな要因の1つは
                
「一段階」なのです。
                
野球と釣りの話と同じです。
                
売る事がうまいというより、保険の話に
至る「一段階」がうまいのです。
                
「一段階」を踏むことで
大田氏は社長から断られることが
ほぼないといいます。
                
今社長からの最もレスポンスがいい話の
1つは
                
トランプ話法。
                
はっきり言って、保険とは関係ありません。
                
しかし今世界中で話題になっている
トランプの雑談を「あるやり方」でするだけで
                
法人保険契約は簡単になってしまう
のです。
                
ほとんどの保険営業パーソンは企業開拓

                
社長と雑談をしているはずです。
                
しかし多くの場合、それは単なる雑談なの
です。
                
実は保険契約に直結させる雑談が存在
します。
                
高度で難解な方法でなく、CDで解説
されている「あるやり方」をそっくりそのまま
真似すればいいと私は考えています。
                
セミナーや研修で学べるのは
売り方ばかりです。
                
トップセールスパーソンはその前の
「一段階」、雑談が違うのです。
                
これを知らずに提案やトーク、法律ばかりを
学び続けますか?
                
詳しくはこちら


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック