【保険営業企業開拓のコツ】法人に売れる人は「これ」を社長に提案する

ここでは、【保険営業企業開拓のコツ】法人に売れる人は「これ」を社長に提案する に関する情報を紹介しています。
【保険営業企業開拓のコツ】
法人に売れる人は「これ」を社長に提案する
                
人気が下がってきているとはいえ
日本で一番人気のスポーツは
                
野球と言っていいでしょう。
                
みんなが知っている野球。
                
実際に部活や子供の頃の遊びで
やった経験がある人も多いはずです。
                
こんな状況で野球のルールを知っている
だけでは自慢にも何にもなりません。
                
だいたいのルールを知っている人がたくさん
いますし
                
例え知らなくても本やインターネットで
すぐに調べることができるからです。
                
一方、同じ野球でも必ず相手に勝てる、
チームを絶対強くする方法をもし知って
いたら、どうでしょうか?
                
部活動をやっている学生
                
野球チームのコーチ
                
ひょっとしたら巨人の監督も知りたいと
言ってくるかもしれません。
                
ネットの普及で調べれば誰でも知り得る
知識や情報の価値は低くなってきて
います。
                
多くの人が価値があると考えるのは
知識や情報ではなく
                
「知恵」です。
                
この話は保険営業の企業開拓に
通じます。
                
今回紹介するCDでインタビューした
鈴木氏は
                
長年、企業開拓の分野で驚くほどの
実績を挙げ続けています。
                
成功の大きな要因の1つは
                
「知恵」の提供・提案です。
                
面談する社長に「知恵」を提供・提案
することで
                
例え飛び込みで訪問した企業であっても
保険契約者に変えてしまうノウハウを
確立しています。
                
多くの保険営業パーソンは
セミナーや研修会にがんばって参加して
知識や情報を社長に提供しようとします。
                
もちろん正しいことですが
これだけでは差別化することが難しく
なったとは感じませんか?
                
ネットやスマホを使って調べれば
得ることができる情報や知識の価値は
下がりつつあると言えるはずです。
                
今こそ「知恵」で差別化するべきです。
                
では社長が望む「知恵」とは何なのか?
                
さらに「知恵」を提供・提案してから
どうやって保険契約に結び付ければ
いいのか?
                
CDのインタビューですべてを語って
いただきました。
                
あなたの武器はまだ知識や情報だけ
ですか?
                
その答えがここにあります↓
このアプローチで
社長はあなたの話に夢中になる!








コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック