【保険営業見込み客入手方法】見込み客を20年先まで大量に発見できる

ここでは、【保険営業見込み客入手方法】見込み客を20年先まで大量に発見できる に関する情報を紹介しています。
【保険営業見込み客入手方法】
見込み客を20年先まで大量に発見できる
                
先日、あるショッピングセンターに行くと
駐車場の車止めを越え、ガードレースを
なぎ倒した軽自動車が停まっていました。
                
年配の女性によるブレーキとアクセルの
踏み間違いによる事故です。
                
同じような事故をコンビニの駐車場でも
見たことがあります。
                
ドライバーが踏み間違えないように
気を付けることも重要ですが
                
誤発進抑制装置などの
事故が起こらない「仕組み」を普及
させる方が
                
事故を減らすためには、より有効だと
感じます。
                
がんばることも素晴らしいのですが
「仕組み」を作ることも同じくらい
重要ではないでしょうか。
                
スタッフ同士のコミュニケーションは会社に
とってはとても重要です。
                
しかし「積極的にコミュニケーションを
取りなさい!」と社長が命令するだけでは
                
なかなかうまくいかないはずです。
                
できる経営者はスタッフが自然にコミュニ
ケーションするような「仕組み」を作ります。
                
ある会社では、自分の席を決めずに
自由に働く席を選択できるいわゆる
フリーアドレスを採用しました。
                
これで部署が違う人同士が自然に話す
ようになったそうです。
                
また社内で運動会を復活させた会社も
あります。
                
部署に関係なく、チームを組んで戦うと
自然な形でコミュニケーションできるように
なったといいます。
                
「仕組み」を作ることで得たい結果を
得られた例と言っていいでしょう。
                
これら2つの話は保険営業に通じます。
                
今後も見込み客を獲得し続けることが
できるか不安・・・
                
見込み客が枯渇することが心配・・・
                
こんな悩みを抱えていませんか?
                
今回紹介するCDでインタビューした
竹下氏は
                
見込み客入手の達人です。
                
なんと事務所にいても毎日、見込み客が
入手できる「仕組み」を作り上げ
                
大きな成果を挙げているのです。
                
会ってもいいというお客様ではなく
相談したい、解決策を知りたいという
かなり見込み度の高いお客様の情報が
                
メールやFAXでコンスタントに入る
「仕組み」です。
                
事務所にいながら、毎日こんなチャンスの
大きい見込み客を獲得できたら
                
あなたの営業は変わりませんか?
                
売る技術はセミナーや研修でもう既に
あなたはたくさん学んでいるはずです。
                
今足らないのは、見込み客を集める
「仕組み」を学ぶことではないですか?
                
詳しくは↓
CDセミナール
保険営業の”行くところがない”を解決!
見込み客を20年先まで大量に発見
できるマーケティング手法
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック